1型糖尿病になると生活習慣を改善しても治らない!?

1型糖尿病と2型糖尿病は、同じ糖尿病ですが、その原因も全く違いますし、当然ながら治療方法も違ってきます。しかし日本では糖尿病患者の大半が2型糖尿病ですから、1型糖尿病患者の診察経験が豊富でない医師が多いために、治療方法を2型糖尿病と同じものを適用されることもあるようです。

とても残念なことですが、2型糖尿病のように生活習慣が関係していない1型糖尿病の場合には、生活習慣を改善しても、1型糖尿病が治ることはないでしょう。


1型糖尿病と2型糖尿病の治療方法の違い

1型糖尿病は、血糖値抑制作用のあるインスリンを作り出している膵臓のβ細胞が、何らかの原因によって破壊されてしまうために発症する病気です。

2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足による肥満、ストレスなどが原因でインスリンの分泌量が減少したり、正常に細胞に働かなくなることによって発症する病気です。それぞれに異なる原因によって発症しているのですから、それぞれの原因に合った治療方法が必要であるのは当然のことです。

1型糖尿病患者の診察に経験の浅い医師が2型糖尿病患者と同様の食事制限や運動療法による治療を薦めることがあるようですが、1型糖尿病患者にこのような生活習慣を改善することによるメリットはありません。

生活習慣を改善することを強いることは大きなストレスにもつながるだけでほとんどメリットはないでしょう。1型糖尿病になると、生活習慣を改善しても、病気の症状が改善されることはないと言っていいでしょう。

1型糖尿病はインスリン療法が必須

1型糖尿病で必要なのはインスリンによる治療です。膵臓のβ細胞が破壊されることが発症の要因ですが、β細胞がどうして破壊されてしまうのかが、現在のところはっきりと解明されていない状態です。

ですから、1型糖尿病を根本的に解決して完治させることは、今のところ不可能なようです。インスリン療法を続けることで、正常に分泌されなくなったインスリンを補充することが現在できる最大限の治療です。これによって1型糖尿病を発症していても問題なく普通に生活することはできます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ