1型糖尿病になる主な原因

生活習慣病の一つである糖尿病は、食べ過ぎや飲み過ぎ、さらにストレスや過度の飲酒などの毎日の生活が大きく関係している病気です。日本でも実にたくさんの人がこの糖尿病にかかっており、飽食日本の現代病であると言えるでしょう。

しかし糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、生活習慣ばかりが原因ではないのです。1型と2型によって発症する原因や症状が異なっているのです。1型糖尿病になる主な原因は何なのかをここでご紹介したいと思います。


1型糖尿病って何?

糖尿病には1型と2型に分けられます。日本人に多く見られる典型的な糖尿病は2型糖尿病で、一般的に言われている肥満や運動不足などの生活習慣によって発症するタイプになります。

一方の1型糖尿病は、何らかの原因によって膵臓のβ細胞が破壊されてしまい、インスリンが正常に分泌されなくなってしまう病気です。

1型糖尿病を発祥した場合には、インスリンを体外から補給する必要が出てきます。2型糖尿病の場合には、インスリンの分泌量が少なくなる、あるいは正常に細胞に作用しないのに対して、1型糖尿病では、全くインスリンが分泌されなくなってしまうので、インスリン注射によって補わないと生命にも関わってきます。

1型糖尿病になる主な原因は・・

ではどうして、このような生命が危険にもさらされてしまうような1型糖尿病になってしまうのでしょうか。膵臓のβ細胞が破壊されてしまい、インスリンが分泌されなくなる1型糖尿病ですが、ではいったいどうして膵臓のβ細胞が破壊されてしまうのでしょうか。

実はまだ今のところ、1型糖尿病の主な原因ははっきりとはわかっていません。自己免疫の異常が要因ではないか、と見られているのですが、その自己免疫系自体がまだまだ解明されていない状態です。

2型糖尿病が生活習慣が要因であるのに対して、1型糖尿病は、生活習慣とは全く関係がない、自己免疫性疾患などが原因ではないかと見られています。また、2型糖尿病が成人した中高年で発症することが多いのに対して、1型糖尿病は、子供や若い年齢で発祥することが多いという特徴があります。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ