2型糖尿病の合併症

2型糖尿病は危険な病気だと考えられています。その理由が合併症を引き起こすことです。2型糖尿病そのものは自覚症状もなく、痛みなども感じないのですが、本当に危険なのはこの合併症です。

合併症とは糖尿病が原因となって引き起こされる副次的な疾患のことを指すのですが、時に命の危険さえ伴う危険なものなので、日頃からの治療が重要視されています。ここでは2型糖尿病におかえる代表的な合併症を考えてみましょう。


2型糖尿病の代表的な合併症ってどんなものがあるの?

2型糖尿病の合併症ですが、大きく分けると3つに分類できます。神経障害、視覚障害、腎機能障害の3つです。

神経障害は糖尿病神経障害とも呼ばれており、手足の神経に異常をきたしてしまう症状になります。身体の末端部分に症状が出ることが多く、特徴としては左右対称に何かしらの異常を感じることです。最悪のケースですと、足が壊疽を起こしてしまって、切除しなくてはならなくなってしまいますので、大きな合併症だと言えます。

次に視覚障害ですが、これは糖尿病網膜症が代表的です。高血糖になることで毛細血管が蝕まれてしまい、結果的に失明へと至ることもある合併症になります。この糖尿病網膜症の怖いところは自覚症状がないままに症状が進行してしまうことです。ですので、2型糖尿病に罹ってしまった人は定期的に眼底検査を行った方が良いでしょう。

最後に腎機能障害では糖尿病腎症があります。こちらは腎臓にある細かい血管が蝕まれることで発症する疾患です。症状が進行してしまうと、老廃物を排泄してくれる腎機能が損なわれてしまい、最終的には人工透析を行うことになってしまいます。

いずれにしても非常に厄介な合併症となっていますので、糖尿病の進行には十分な注意が必要だと言えるでしょう。

2型糖尿病で他にはどんな合併症が起こるのか知っておこう

その他の合併症としては動脈硬化に伴う血管障害が代表的です。動脈硬化とは動脈の弾性が失われてしまって硬くなってしまう症状のことです。この動脈硬化が起こることで血管が非常に破れやすくなってしまい、結果的に脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ