2型糖尿病の治療を中断すると合併症が起こりやすい!?

健康診断などで血糖値が高いですよ、と診断されても、あまり気にする人は多くありませんよね。これは糖尿病についてきちんとした知識がないから起こることだと言っても良いでしょう。糖尿病という言葉そのものは大多数の人に認知されてはいるのですが、実際にはどんな病気なのと問われれば首をかしげてしまう人も少なくありません。

また、糖尿病そのものには自覚症状がないということもあり、そこまで危険視していない人も多いのが事実です。しかし、2型糖尿病において最も危険なことは合併症を引き起こしてしまうことにあります。


2型糖尿病における合併症のことをきちんと知っておくことが大切です

2型糖尿病における合併症とは、糖尿病の症状が進行することによって引き起こされる別の疾患のことです。代表的なものとしては神経障害視覚障害腎機能障害の3つがあります。また近年ではここに加えて動脈硬化などの血管障害も認知されるようになってきました。

何故、合併症が起きてしまうのが危険なのかというと、最悪の場合命の危険性があったり、日常生活を送るのが非常に不便になってしまうからです。上であげた合併症の場合ですと、足の壊疽、失明、人工透析を受ける、などのようなことが起こってしまいます。

2型糖尿病の治療をやめると合併症を引き起こしやすくなってしまうの?

そこで合併症を起こさないためにも、日頃から2型糖尿病の治療を進めていくことが重要です。2型糖尿病の場合、完治するのは難しいので一生付きあっていく問題になるので、定期的な検診を受けたり食事療法と運動療法、薬物療法を併用して行っていくことが非常に重要になります。

しかし、上で書いたように2型糖尿病そのものは自覚症状がないことから、少し血糖値の数値が良くなってくると、自己判断で治療をやめてしまう人も少なくありません。

しかし、実際には治療を中断してしまうことで、合併症を余計に引き起こしやすくなる環境を作ってしまうとされています。その理由はとてもシンプルで血糖値のコントロールができなくなってしまうからです。血糖値が高くなればなるほど合併症も引き起こされやすくなってしまうことは忘れないようにしてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ