2型糖尿病はどんな合併症を引き起こす!?

2型糖尿病において最も注意すべきは合併症を引き起こさないようにすることです。2型糖尿病そのものにおいて、命の危険性が高まるリスクはあまりないのですが、症状が進行してしまうことによって、合併症を引き起こす可能性は高くなってしまいます。

合併症とは2型糖尿病の症状が進行することで引き起こされる疾患や症状のことで、時には命の危険にも関わる重篤な場合もあるのです。


2型糖尿病における合併症にはどんなものがあるのだろうか?

2型糖尿病では3大合併症と呼ばれるものがあります。神経障害、視覚障害、腎機能障害の3つです。それに加えて、動脈硬化などの血管障害も多く起こることで知られています。これらの合併症が起こることで、上にも書いたように命をも脅かす症状が出てしまうことがあります。

特に代表的なのが腎機能障害です。腎機能障害とは腎臓の中にある細かい血管が詰まってしまうことで引き起こされるのですが、結果として腎臓の細胞が死んでしまうことになります。

つまり、腎臓の機能が低下、もしくは停止してしまうので非常に日常生活が不便になってしまうのです。腎機能が正しく働かなくなることで、体外に老廃物を排出することができなくなることから、人工透析を定期的に受けなくてはいけなくなります。

もう1つ、代表的な合併症としては視覚障害です。糖尿病網膜症という疾患が代表的なのですが、こちらも腎臓の時と同じく目の底に走っている微細な血管が詰まってしまう疾患になります。

失明に至る目の病気は多いですが、特に糖尿病網膜症は失明へと至るケースが多いと言って良いでしょう。その理由としては自覚症状がないからです。自覚症状がないので、検査などにしてもそうそう受けなくなってしまい、気づいた時には手遅れになるというケースも珍しくありません。

2型糖尿病の合併症を予防するにはどうすれば良いの?

2型糖尿病において合併症を引き起こさないようにするには、ともかく普段から血糖値をコントロールすることが第一です。そのためには日頃から食事療法や運動療法を行うようにし、薬物療法を行っているのなら用法用量をしっかりと守って治療するようにしてください。これをさぼってしまうと合併症を引き起こすリスクを大きく高めることになってしまいます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ