2型糖尿病になる主な原因

日本国民のなんと4人に1人が糖尿病患者か、あるいはその予備軍であると言われています。糖尿病は、大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあるのですが、どちらも一度発症すれば、完治することは出来ません。

しかしそうだからと言って悲観することはありません。1型糖尿病でも2型糖尿病でも、適切な治療を行うことで、血糖値を正常なレベルに保つことができ、普通の人と同じように健康的な生活を送ることが出来ます。ここでは日本人の糖尿病患者のうち98%を占めているという2型糖尿病の原因などをご紹介しましょう。


2型糖尿病になる主な原因を紹介

血液中のブドウ糖の量が多くなる、つまり高血糖の状態が続くのが2型糖尿病ですが、初期症状がほとんど見られないことが多いため、かなり進行してから気がつく人が多いようです。

高血糖の状態のままでいると、全身の血管にダメージが加わりますので、身体のあらゆる場所で合併症を引き起こすことになります。2型糖尿病になる原因は、毎日の生活習慣と遺伝的な要素が大きく関係しています。

具体的には、高カロリー、高脂肪の食事による肥満の人、極端な運動不足、家族の中に糖尿病の人がいる、ということで、さらに40歳以上の人や、ストレスを多く抱えていることも、2型糖尿病の原因になります。

すい臓にあるβ細胞で作られているインスリンは、血糖値を下げることができる唯一のホルモンなのですが、高カロリーや高脂肪の食事、運動不足などによって、インスリン分泌不全になったり、または作られたインスリンがしっかりと作用しなくなってしまうのです。これらの原因に思い当たる中高年の人はとても多いのではないでしょうか。

こんな症状があれば2型糖尿病に注意!

2型糖尿病の症状は、とてもわかりづらいことが多く、初期段階では無症状であることも多いようです。初期段階で見られる症状としては、疲れやすくなったり、頻尿になったり、喉の渇きや空腹感がひどくなったり、目が霞んでくる、などの症状があります。

これらの症状は2型糖尿病でなくても良くある症状ですから、見過ごしてしまうことも多いでしょう。2型糖尿病を未然に防止するためには、特に40歳以上の方は、食事や運動などの毎日の生活を見直すことが必要でしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ