両親や兄弟に糖尿病患者がいると自分も糖尿病の危険がある!?

糖尿病は生活習慣病の1つとして知られています。現代人にとっては大きな疾患の1つであり、1度かかってしまうと治療が困難である病気です。そんな糖尿病ですが、遺伝が原因になるとも言われており、不安に感じている人も多いでしょう。そこで糖尿病が遺伝によるものかどうかを考えていきます。


両親や兄弟に糖尿病患者がいると自分も糖尿病になるの?

糖尿病は多くの人が罹患している病気だけに、両親や兄弟に糖尿病患者がいるという人も多いかもしれませんね。この場合、自分も糖尿病になるのと不安に思う人も多いですが、実はその確率は高いと言わざるを得ません。

そもそも糖尿病にかかる原因というのは様々なことが複合して起こるものであり、必ずしも遺伝によるものだけではないのが正解です。では、どうして遺伝による要素が原因になるのかと言うと、肉親の家系で多くの糖尿病患者がいる場合、遺伝子が変化し糖尿病になりやすくなっていると考えられています。

つまり、糖尿病にかかるリスクが当然高くなると考えて良いでしょう。ただし、1人でも糖尿病患者がいるとリスクが高まるかと言うと、そうでもありません。

糖尿病の遺伝リスクにしても程度というものがあり、親や兄弟の中で糖尿病患者が1人いるといった場合と、2人以上いるといった場合では当然後者の方がリスクが高まります。だからと言って、兄弟や家族全員が糖尿病にかかるわけでもありません。何故なら別の因子というものがあるからです。

糖尿病には遺伝以外にも原因となる因子が沢山ある

その1つが生活習慣です。生活習慣病と呼ばれるだけに、糖尿病と生活習慣というのは密接に関わっていると考えて良いでしょう。その代表的なものが食生活と運動です。食生活に関して言えば、暴飲暴食をしているのか、肥満になりやすい食生活をしているのかなどが主なものだと考えて良いでしょう。

運動に関しては、日常生活の中で適度に運動しているのか重要です。これらのことがうまくできていなければ、糖尿病になりやすくなってしまいます。つまり、遺伝的な要因を持っていたとしても、生活習慣をきちんとしていれば糖尿病にかかるリスクを低くすることはできると言って良いでしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ