2型糖尿病になりやすい年齢は?男女で違いはある?

すい臓では血糖値を抑制するホルモンであるインスリンを作っており、必要なときに分泌されているのですが、このインスリンの分泌や作用に問題が生じるために血糖値が下がらず、高血糖の状態が続くようになる病気を糖尿病と言います。

すい臓から分泌されているインスリンは、血糖値を正常範囲に保ってくれる働きがあるのですが、遺伝生活習慣の悪化によってインスリンの作用不足になり、糖尿病を招くことになります。

2型糖尿病患者は、予備軍まで加えると、国民の4人に1人以上と言われているのですが、なりやすい年齢や、男女によって患者数の違いがあるのでしょうか。


2型糖尿病になりやすい年齢ってあるの?

2型糖尿病にはなりやすい年齢があるようです。2型糖尿病の原因は、太り過ぎや運動不足、さらに遺伝も大きく関係していると言われています。

他にもストレス妊娠中に糖尿病にかかったことがある人も2型糖尿病になりやすいと言われています。日本人の多くが糖尿病のタイプでもこの2型糖尿病にかかっている人が多く、糖尿病患者の9割以上とされています。

1型糖尿病患者が子供や若い年代で発症することが多いのに対して、2型糖尿病患者は中高年が多いことも特徴です。特に最近の傾向として、40歳を過ぎてからの患者数が急激に増えていることが挙げられます。親や親戚などに糖尿患者がいて、年齢が40歳以上で肥満傾向にある人は、定期的に健康診断を受けるなどして糖尿病に注意しておくようにしましょう。

2型糖尿病患者の数に男女差はあるの?!

2型糖尿病は40歳以上でなりやすいということが分かっていますが、では男女による差はあるのでしょうか。日本の糖尿病患者数の割合としては、かなりの割合で男性の方が多くなっています。

若いころと同じように脂っこい食事を続けていたり、飲み会などで飲み過ぎ、食べ過ぎている方、仕事ばかりで運動が足りていないお父さんが日本にはとても多いのではないでしょうか。発症すれば完治はできないと言われているのが糖尿病です。思い当たる方は生活習慣を改めるようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ