2型糖尿病になりやすい体質は遺伝する!?

2型糖尿病は体質が遺伝するから発症してしまう、と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにどんなに暴飲暴食をしても肥満でも、2型糖尿病にならない人がいる一方で、そんなに肥満でもないのに2型糖尿病になる人もいて、そんな人の家族には同じように糖尿病患者がいたりします。2型糖尿病になりやすい体質というのはやはり遺伝してしまうのでしょうか。


2型糖尿病になりやすい体質ってあるの!?

親や親戚などに糖尿病患者がいる場合、糖尿病患者のいない人と比較すれば糖尿病にかかる危険性は高くなることは事実です。しかし2型糖尿病は体質が遺伝するだけで、糖尿病自体が遺伝するわけではありません。ここを間違って理解してはいけません。

つまり糖尿病になりやすい体質が遺伝するだけで、これに肥満や運動不足などの生活習慣の乱れが重なることによって、2型糖尿病を発症してしまうのです。

糖尿病になりやすい体質のことを遺伝的要素と言うのですが、これはとても複雑で、遺伝する強弱なども人によってさまざまです。確かに遺伝的要素がある人は2型糖尿病になりやすいのですが、食生活を正しく行い、運動を適度にして、肥満にならないような生活をしていれば、糖尿病とは無縁なのです。

日本人は、2型糖尿病になりやすい!?

遺伝的な体質のことで言えば、日本人は白人と比較して、軽い肥満でも2型糖尿病を発症するケースが多いのです。つまり日本人の多くは糖尿病の遺伝的要素を持ち合わせている可能性が高いと言えるのです。

同じ糖尿病でも免疫機能の異常によって発症する1型糖尿病患者の数は、日本人よりも白人が圧倒的に多いのに対して、2型糖尿病患者の数は日本人の方が圧倒的に多いことが分かっています。

欧米人と比較して、肥満の人もそれほど多くなく、摂取カロリーも大幅に低い日本人が、このように2型糖尿病にかかる割合が多いのは、やはり遺伝的要素が大きいからです。

つまりもともと日本人には穀物中心の低脂肪、低カロリーの食事が体質的に合っているのです。欧米化した高カロリー、高脂肪の食生活を続けていたのでは、今後もさらに2型糖尿病患者が増え続ける事になるでしょう。健康な身体で長生きするためには、日本人の体質に合った食事が大切であると言えるでしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ