1型糖尿病の治療中は血糖自己測定をしよう!

血糖値をコントロールしているホルモンのインスリンが分泌されなくなるのが1型糖尿病です。すい臓のβ細胞はインスリンを分泌している細胞ですが、これが免疫系の異常で破壊されてしまうのです。

血糖値のコントロールが不可能になってしまった1型糖尿病の治療では、インスリン補充を正しく行うことがとても大切です。その際に用いられているのが血糖自己測定で、1型糖尿病の治療にとても大切な役割を果たしてくれます。

「1型糖尿病の治療中は血糖自己測定をしよう!」の続きを読む…

1型糖尿病の治療経験が豊富な医者は少ない!?

一般的に1型糖尿病というのは、子供や若い年代の人に多く見られる糖尿病のタイプで、口の乾きや体重の減少、たくさんおしっこが出る、などの症状が急激に起こります。中高年の糖尿病に多い2型糖尿病とは全く異なり、発症の仕方もとても急激で、また進行も早いことが1型糖尿病の特徴です。

適切な治療を早急に受けることが1型糖尿病ではとても大切なのですが、1型糖尿病の治療経験が豊富な医師が日本には少ないと言われています。

「1型糖尿病の治療経験が豊富な医者は少ない!?」の続きを読む…

1型糖尿病には2型糖尿病の治療が通用しない!?

糖尿病と聞いて一番に思い浮かぶのが、食べ過ぎなどの不摂生、ストレス飲酒など、あまり良くないイメージがあるものです。生活習慣病の一つである糖尿病は確かにこのような生活習慣の質の悪さが原因で発症する病気です。

しかし糖尿病にはこれらの生活習慣が全く関係ないタイプがあるのをご存知でしょうか。糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病という2つのタイプがあるのです。

肥満、ストレスなどが原因とされる一般的な糖尿病のタイプが2型糖尿病で、それとは全く無関係の自己免疫による1型糖尿病があります。1型糖尿病には2型糖尿病の治療は適用しないのでしょうか。

「1型糖尿病には2型糖尿病の治療が通用しない!?」の続きを読む…

1型糖尿病にかかると完治することは不可能なの!?

主に自己免疫による原因で発症すると言われている1型糖尿病は、完治することは不可能なのでしょうか。

膵臓のβ細胞が、自分の体内のリンパ球による内乱によって破壊されてしまうことで、膵臓からインスリンが分泌されなくなってしまいます。そうなるとブドウ糖をエネルギーとすることが出来ず、血管の中にはブドウ糖が溢れかえることになり、糖尿病を発症してしまうのです。

自己免疫不全や過去のウイルス感染が、リンパ球が内乱を起こしてしまう原因と見られています。完治が難しいとされる1型糖尿病にかかったからと言って、普通の生活ができなくなるというわけではありません。

「1型糖尿病にかかると完治することは不可能なの!?」の続きを読む…

1型糖尿病になると生活習慣を改善しても治らない!?

1型糖尿病と2型糖尿病は、同じ糖尿病ですが、その原因も全く違いますし、当然ながら治療方法も違ってきます。しかし日本では糖尿病患者の大半が2型糖尿病ですから、1型糖尿病患者の診察経験が豊富でない医師が多いために、治療方法を2型糖尿病と同じものを適用されることもあるようです。

とても残念なことですが、2型糖尿病のように生活習慣が関係していない1型糖尿病の場合には、生活習慣を改善しても、1型糖尿病が治ることはないでしょう。

「1型糖尿病になると生活習慣を改善しても治らない!?」の続きを読む…

1型糖尿病の治療方法

日本人に多い2型糖尿病の場合には、病気の初期症状もあまりなく、ゆるやかに発症するのに対して、1型糖尿病の場合には、急激に発症します。また、2型糖尿病の場合には、病気の進行がゆっくりなのに対して、1型糖尿病の場合には、病状の進行がとても速いという違いがあります。

2型糖尿病の場合には合併症が怖いと言われていますが、それほど緊急性を感じない人が多く、深刻な状態になってからはじめて治療を始める人も多いようです。しかし1型糖尿病の場合には、そのようにゆっくりと対応していたのでは、生命にも関わってきます。

特に子供や若年層の1型糖尿病の場合には、発症も急激で、数ヶ月以内にはインスリン治療が必要となってきます。1型糖尿病の治療方法についてここではご紹介します。

「1型糖尿病の治療方法」の続きを読む…