1型糖尿病になる主な原因

生活習慣病の一つである糖尿病は、食べ過ぎや飲み過ぎ、さらにストレスや過度の飲酒などの毎日の生活が大きく関係している病気です。日本でも実にたくさんの人がこの糖尿病にかかっており、飽食日本の現代病であると言えるでしょう。

しかし糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、生活習慣ばかりが原因ではないのです。1型と2型によって発症する原因や症状が異なっているのです。1型糖尿病になる主な原因は何なのかをここでご紹介したいと思います。

「1型糖尿病になる主な原因」の続きを読む…

長い時間をかけて悪化する緩徐進行1型糖尿病

1型糖尿病は、突然発症し、急に悪化してしまうちょっと怖いものというイメージがありますが、1型糖尿病の中には、緩徐進行1型糖尿病というものも存在します。
この緩徐進行1型糖尿病は、長い時間をかけてゆっくりと発症し、その進行もゆっくりで徐々に悪くなってしまいます。

1型糖尿病は、緩徐進行でもそうでなくても、インスリンを作るはずのすい臓がインスリンを作り出すことができなくなってしまうので、私たち人間が生きていくために絶対に必要なインスリンは体の外から補っていかなくてはいけなくなります。

「長い時間をかけて悪化する緩徐進行1型糖尿病」の続きを読む…

1型糖尿病の症状の進行状況は?

糖尿病と言えば、中年のちょっと太った人が発症する成人病というイメージが強いと思います。

一般的な糖尿病は2型糖尿病と言って太りすぎてしたたり、体を動かすようなことを全くしなかったりなど生活習慣病のひとつとされていますが、糖尿病にも種類があって、必ずしも中年で太り気味の人が発症するということはありません。

「1型糖尿病の症状の進行状況は?」の続きを読む…

1型糖尿病が発病すると急激に体調が悪くなる!?

糖尿病には種類があって、発病すると急激に体調が悪くなってしまうものと、これまでと何ら変わりのない毎日を過ごしているという人がいます。

糖尿病の中でも1型糖尿病は、ある日突然、自覚症状が現れるのも糖尿病ならではの症状です。この症状の変化を見過ごすことなく治療を受けることが大切です。

「1型糖尿病が発病すると急激に体調が悪くなる!?」の続きを読む…

1型糖尿病は若い思春期時代に発病しやすい!?

1型糖尿病は、若い思春期時代の頃や子供の頃に発症してしまう人が多いと言われています。

これは、もともと生まれつき1型糖尿病になりやすい体質だったという場合や、何らかが原因となりインスリンを作り出すすい臓の働きが停止し、インスリンを作り出すことができなくなってしまったために起こってしまう場合があります。

「1型糖尿病は若い思春期時代に発病しやすい!?」の続きを読む…

1型糖尿病になるとどんな症状が起こるの?

1型糖尿病は、糖尿病患者の中でも10人に1人いるかどうかの発症率となっているので誰もがなる可能性のある糖尿病とはまた少し違っています。

1型糖尿病になるとどんな症状が起こるのかというと、自覚できる症状はいつも以上に喉が渇いて仕方がないと思ってしまったり、ダイエットなどをしていないにも関わらず痩せていってしまうという症状の他にも疲労感がとてもひどかったり、頻尿の症状が急に現れるようになるなどで、今までは何でもなかったのに、ある日突然そのような症状が気になり始めるようです。

「1型糖尿病になるとどんな症状が起こるの?」の続きを読む…

1万人に1人!?日本人での発病は珍しい1型糖尿病とは?

1型糖尿病は、インスリンが欠乏することによっておこる糖尿病でインスリン依存型糖尿病とも呼ばれています。

インスリンを作る働きを持っているすい臓が、何らかの原因によってインスリンを作り出すことができなくなってしまうことから、糖尿病を発症するもので、糖尿病患者の10人に1人いるかいないかの確率で発症すると言われています。

「1万人に1人!?日本人での発病は珍しい1型糖尿病とは?」の続きを読む…