両親や兄弟に糖尿病患者がいると自分も糖尿病の危険がある!?

糖尿病は生活習慣病の1つとして知られています。現代人にとっては大きな疾患の1つであり、1度かかってしまうと治療が困難である病気です。そんな糖尿病ですが、遺伝が原因になるとも言われており、不安に感じている人も多いでしょう。そこで糖尿病が遺伝によるものかどうかを考えていきます。

「両親や兄弟に糖尿病患者がいると自分も糖尿病の危険がある!?」の続きを読む…

2型糖尿病になりやすい体質は遺伝する!?

2型糖尿病は体質が遺伝するから発症してしまう、と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにどんなに暴飲暴食をしても肥満でも、2型糖尿病にならない人がいる一方で、そんなに肥満でもないのに2型糖尿病になる人もいて、そんな人の家族には同じように糖尿病患者がいたりします。2型糖尿病になりやすい体質というのはやはり遺伝してしまうのでしょうか。

「2型糖尿病になりやすい体質は遺伝する!?」の続きを読む…

2型糖尿病になりやすい年齢は?男女で違いはある?

すい臓では血糖値を抑制するホルモンであるインスリンを作っており、必要なときに分泌されているのですが、このインスリンの分泌や作用に問題が生じるために血糖値が下がらず、高血糖の状態が続くようになる病気を糖尿病と言います。

すい臓から分泌されているインスリンは、血糖値を正常範囲に保ってくれる働きがあるのですが、遺伝生活習慣の悪化によってインスリンの作用不足になり、糖尿病を招くことになります。

2型糖尿病患者は、予備軍まで加えると、国民の4人に1人以上と言われているのですが、なりやすい年齢や、男女によって患者数の違いがあるのでしょうか。

「2型糖尿病になりやすい年齢は?男女で違いはある?」の続きを読む…

生活習慣の乱れで起こる肥満が原因で2型糖尿病に!?

生活習慣病である2型糖尿病は、その名の通り、生活習慣の乱れが原因となっている病気です。私たちが食べ物から得た糖分は、ブドウ糖として血液中に取り込まれるのですが、血液中の糖分が増えると、すい臓のβ細胞から血糖値を抑制する作用があるインスリンが分泌されます。

インスリンは、筋肉などの細胞にぶどう糖を送り出し、ブドウ糖はエネルギーとして利用されていくのです。しかしこのような正しいインスリンの働きが出来なくなるのが2型糖尿病で、生活習慣の乱れがインスリンの作用を低下させてしまうのです。

「生活習慣の乱れで起こる肥満が原因で2型糖尿病に!?」の続きを読む…

座ったままの生活が多い人は2型糖尿病になりやすい!?

日本人の多くが糖尿病にかかっているのですが、中でも毎日の生活習慣が大きく関係している2型糖尿病にかかる中高年の人が急激に増加しています。2型糖尿病は欧米化した食生活が大きく関係しています。

もともとインスリン量が少ない日本人にとって、高カロリー、高脂肪の食事は身体に合っておらず、インスリンの作用に悪影響を及ぼしてしまうのです。欧米化した食生活と同時に、運動不足も2型糖尿病の大きな原因となっています。

パソコンを使ったデスクワークなど、座ったままの生活が多い人がとても増えているようです。移動の際にも自動車や電車などを利用するでしょから、歩くことがとても少ない人が大半ではないでしょうか。このような極端な運動不足の人も2型糖尿病になりやすいと言えるでしょう。

「座ったままの生活が多い人は2型糖尿病になりやすい!?」の続きを読む…

2型糖尿病になる主な原因

日本国民のなんと4人に1人が糖尿病患者か、あるいはその予備軍であると言われています。糖尿病は、大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあるのですが、どちらも一度発症すれば、完治することは出来ません。

しかしそうだからと言って悲観することはありません。1型糖尿病でも2型糖尿病でも、適切な治療を行うことで、血糖値を正常なレベルに保つことができ、普通の人と同じように健康的な生活を送ることが出来ます。ここでは日本人の糖尿病患者のうち98%を占めているという2型糖尿病の原因などをご紹介しましょう。

「2型糖尿病になる主な原因」の続きを読む…

患者自身が糖尿病の理解をしないと改善することは出来ない!

糖尿病は毎日の生活習慣が引き金となり発症する病気です。特に2型糖尿病は、毎日の食事や運動、ストレスなどの生活習慣と密接な関係があります。ですから2型糖尿病を改善するためには、まずは生活習慣を改善することが最も大切になります。

しかし現実には、患者自身が自分の病気をきちんと理解しないことが多く、生活習慣の改善、そして糖尿病の改善が難しくなるケースも多く見られるようです。

「患者自身が糖尿病の理解をしないと改善することは出来ない!」の続きを読む…

2型糖尿病は自覚症状なく進行してくる!?

2型糖尿病は自覚症状が乏しいことが多く、その進行も穏やかなことが特徴的です。しかし自覚症状がある場合でも、まったく無い場合でもスムーズに適切な治療を行うことが重要です。自覚症状があったとしても軽かったり、あるいは無症状の場合だと、どうしても病気自体を甘く見てしまう人が多いようです。

「2型糖尿病は自覚症状なく進行してくる!?」の続きを読む…

日本では2型糖尿病に発病する患者数が年々増加している!?

中高年になってから発症するケースが圧倒的に多いのは2型糖尿病です。子供や若者の患者が多い1型糖尿病に対して、2型糖尿病の場合では、特に40歳以上の中高年になってからの発症者が多いことが大きな特徴です。

2型糖尿病はインスリン非依存型糖尿病とも言われています。日本ではこの2型糖尿病を発病する患者数が年々増加しています。2型糖尿病を発病してしまう原因を良く知り、正しく治療を行い、そして2型糖尿病にならないように防止をすることも大切です。

「日本では2型糖尿病に発病する患者数が年々増加している!?」の続きを読む…

40歳以上の成人に起こりやすい「2型糖尿病」

慢性的に高血糖状態になってしまう代謝疾患のことを糖尿病と言います。どうして高血糖状態になってしまうのかと言えば、血糖値を下げる働きのあるインスリンが何らかの原因によって分泌される量が不足する、あるいは分泌されなくなってしまうからです。

糖尿病には、1型と2型があり、インスリンが不足してしまう原因によってタイプが分けられています。日本人の糖尿病患者の中で98%が2型糖尿病です。また、2型糖尿病患者は40歳以上の成人に起こりやすい病気であるとされています。

「40歳以上の成人に起こりやすい「2型糖尿病」」の続きを読む…