糖尿病神経障害が進むとレーザー治療をすることになる!?

人間の体には自律神経をはじめ運動神経、感覚神経といったさまざまな神経が存在しています。どの神経も生きていくうえで非常に重要なのですが、糖尿病神経障害になるとこれらの神経に障害が生じてしまいます。具体的には手足がしびれたり、痛みに過敏に反応してしまうなどです。

「糖尿病神経障害が進むとレーザー治療をすることになる!?」の続きを読む…

糖尿病腎症の治療にはアンギオテンシン変換酵素阻害剤を使おう!

人間には血圧があり、血圧によって血液の流れ方が変わってきます。血圧が高ければ高血圧、低ければ低血圧となるわけですがこの血圧の調整を行っている物質の1つがアンジオテンシンⅡと呼ばれる物質です。

アンジオテンシン変換酵素阻害剤とは?

アンジオテンシンⅡは血管を収縮し、さらに血液の量を増やす働きがあり主に血圧を上げる作用をもたらしています。体にとって非常に重要な存在と言えるのですが、アンジオテンシンⅡはアンジオテンシンⅠという物質が元になって作られています。

「糖尿病腎症の治療にはアンギオテンシン変換酵素阻害剤を使おう!」の続きを読む…

糖尿病神経障害治療の基本は糖尿病のコントロール!?

糖尿病が原因で神経障害を起こしてしまうことがあります。糖尿病になってしまった時は糖尿病の治療はもちろん、神経障害を防ぐための対策も重要になってくるわけですが、それでも神経障害になってしまった時はどうやって治療するのでしょうか。もっとも重要なことは血糖のコントロールです。

「糖尿病神経障害治療の基本は糖尿病のコントロール!?」の続きを読む…

合併症の治療方法

糖尿病の治療には血糖値をコントロールすることが大切だとされています。この血糖値のコントロールは合併症の予防のために行われているといっても過言ではありません。それだけ糖尿病の合併症は多様であり、危険であることが多いのです。

もし糖尿病の合併症が起きてしまった場合の治療を考えてみる

糖尿病の合併症は様々なものがあると書きましたが、ここでは三大合併症に絞って治療方法を紹介してみます。まず最も早く発症するとされる神経障害ですが、治療方法としては薬物療法が使われています。血糖値のコントロールが上手くいけば、障害を軽減できることもあるので、基本的な治療と併用した上で薬物療法も行っていくと考えてください。

「合併症の治療方法」の続きを読む…

手足が腐食!?糖尿病患者は手足を目で見る習慣をつけよう!

糖尿病の合併症の中でも見た目のインパクトがあるのは、手足が腐食してしまう神経障害です。神経障害では末梢神経と自律神経の働きが阻害されることから、様々な悪影響が出てしまいます。

その中で最も注意しておきたいのが、手足が壊疽してしまうというものですね。ここでは神経障害の中でも手足が腐ってしまうことについて考えていきます。

「手足が腐食!?糖尿病患者は手足を目で見る習慣をつけよう!」の続きを読む…

定期的な検査をして糖尿病腎症を早期発見しよう

糖尿病腎症は三大合併症の中でも最も重いものだと考えられていました。その理由はいくつかあるのですが、発症してしまうと治療を行っても改善できないことが大きなものだと言えます。

しかし、近年では早期発見をして早期に治療することによって、完治はしないまでも寛解することが解ってきています。ここでは糖尿病腎症を早期発見するための定期検診などについて考えていきましょう。

「定期的な検査をして糖尿病腎症を早期発見しよう」の続きを読む…

定期的な検査をして糖尿病神経障害を早期発見しよう

糖尿病の合併症の中でも最も起こりやすいとされるのが神経障害です。一説によると、糖尿病患者の3人に2人は神経障害を起こしていると推測されるほど、多くの人に起こる合併症だと言えるでしょう。潜伏期間もなく、糖尿病初期から発症することでも知られており、長い付き合いになる合併症の1つです。

「定期的な検査をして糖尿病神経障害を早期発見しよう」の続きを読む…

糖尿病の合併症が現れる順番と潜伏期間

糖尿病の治療を考える時に、絶対に忘れてはいけないのが合併症です。糖尿病は様々な合併症が起きることで知られており、それぞれに特徴が違ったり、潜伏期というものが存在します。ここでは糖尿病の合併症が現れる順番や潜伏期間にスポットをあててみましょう。

糖尿病の合併症が起こる順番や潜伏期間っていったい何のことなの?

糖尿病の合併症といっても三大合併症を初めとして色々なものがあります。ここでは三大合併症に絞って、その順番や潜伏期間を考えてみます。

「糖尿病の合併症が現れる順番と潜伏期間」の続きを読む…

合併症の発見方法

糖尿病における合併症の検査というのは非常に重要な要素だと言えます。合併症を起こすか起こさないかで大きく変わってきますし、時には命の危険性のリスクも背負わなくてはいけなくなるからです。

糖尿病そのものの検査としては採血をして血糖値を測ることだと想像がつきますが、合併症の早期発見をするための検査とはどんなものか不安に思う人もいるかもしれませんね。ここでは合併症の検査について紹介していきます。

「合併症の発見方法」の続きを読む…

高血糖の状態が長引くと細小血管障害を引き起こす!?

糖尿病における合併症の中でも代表的なのが、3大合併症と呼ばれる神経障害、腎機能障害、視覚障害です。この3つの合併症ですが、いずれにしても血管障害が起こることで発症するものとなります。

血管障害を伴う糖尿病の合併症には大血管障害と細小血管障害の2つがあり、この内、3大合併症が属するのは細小血管障害です。ここでは細小血管障害について考えていきましょう。

「高血糖の状態が長引くと細小血管障害を引き起こす!?」の続きを読む…