高血糖の状態が長引くと細小血管障害を引き起こす!?

糖尿病における合併症の中でも代表的なのが、3大合併症と呼ばれる神経障害、腎機能障害、視覚障害です。この3つの合併症ですが、いずれにしても血管障害が起こることで発症するものとなります。

血管障害を伴う糖尿病の合併症には大血管障害と細小血管障害の2つがあり、この内、3大合併症が属するのは細小血管障害です。ここでは細小血管障害について考えていきましょう。

「高血糖の状態が長引くと細小血管障害を引き起こす!?」の続きを読む…

糖尿病にかかると合併症として白内障になる人も多い!?

2型糖尿病には様々な合併症が存在しています。その数はかなり多く、合併症の病気とも呼ばれるくらいです。自覚症状に乏しく、気づいた時には合併症が起きているということも珍しくなく、非常に危険な病気であると言っても良いでしょう。そんな糖尿病の合併症の1つが白内障です。

「糖尿病にかかると合併症として白内障になる人も多い!?」の続きを読む…

ネフローゼ症候群になると体の機能の維持に支障を来す!?

糖尿病の合併症の1つにネフローゼ症候群というものがあります。糖尿病は合併症の総合商社と言っても良いほど、多くの疾患を引き起こしてしまうものです。しかし、ネフローゼ症候群とは耳慣れない言葉になるはずですので、ここで詳しく解説していきます。

ネフローゼ症候群になると身体の機能維持に支障をきたしてしまうものなの?

ネフローゼ症候群とは腎臓の機能が低下した時に起こる症状の1つです。腎機能が低下することによって、尿の中に蛋白が沢山出てしまうことから、血液中に含まれるはずの蛋白が減少してしまい、結果としてむくみが起こってしまう病気になります。

「ネフローゼ症候群になると体の機能の維持に支障を来す!?」の続きを読む…

糖尿病になると合併症として脂質異常症になりやすい!?

日本の国民病の1つであると言っても良いほど、多くの人が罹患しているのが糖尿病です。もともとは高齢の人がかかるものというイメージも強かったのですが、近年では若者でも糖尿病に罹る人が増えています。

そんな糖尿病ですが、最も気をつけておきたいのが合併症です。合併症とは糖尿病であることが原因で起こる別の疾患のことであり、この合併症を起こすか起こさないかが1つの分かれ目だとも言われています。ここでは合併症の1つである脂質異常について紹介します。

「糖尿病になると合併症として脂質異常症になりやすい!?」の続きを読む…

糖尿病で動脈硬化を引き起こすと大血管障害も発症する!?

2型糖尿病において大事なことは、薬物療法や食事療法を用いて血糖値をコントロールすることだとされています。そもそも症状が進んでいない場合、自覚症状に乏しいこともあり、なかなか治療方法を守ることができないという人も少なくありません。

しかし、血糖値をコントロールするのは合併症を起こさないためにも非常に重要なことです。合併症の中には命を落とす危険があるものも多いので、それを知ってもらうためにも、ここでは大血管障害について考えてみます。

「糖尿病で動脈硬化を引き起こすと大血管障害も発症する!?」の続きを読む…

糖尿病が原因でアルツハイマーになる危険がある!?

近年、増加傾向にあるアルツハイマーの原因のひとつは糖尿病にあるのではないかと言われています。

アルツハイマーの原因は大きくわけると2つあると言われており、ひとつはアミロイドβというタンパク質が蓄積されることだとされています。もうひとつは神経細胞の中にあるタウというタンパク質が異常を起こしてしまい、細胞を委縮させることだと考えられています。

「糖尿病が原因でアルツハイマーになる危険がある!?」の続きを読む…

糖尿病になると血中の脂質が増えて高脂血症になる!?

2型糖尿病になると、日常生活を送りにくくなると言われています。これは健康的な生活を強いられるからですが、実は血糖値が高くなってしまうと他の合併症を引き起こしやすくなってしまうので、仕方のないことだと言えるでしょう。

一般的に糖尿病は1度罹患してしまうと、完治することはありませんので、日頃の生活には十分な注意をしておきたいですね。ここでは糖尿病合併症の1つである高脂血症について考えてみます。

「糖尿病になると血中の脂質が増えて高脂血症になる!?」の続きを読む…

糖尿病で心臓への血管に障害が起こると狭心症になる!?

糖尿病の中でも2型糖尿病は様々な合併症を起こすことで知られています。この合併症が起きることで命を失うリスクを高めてしまうので、日頃から血糖値をコントロールすることは非常に大切だと言われているのです。ここでは糖尿病の合併症の中でも心臓に起こるものについて考えてみます。

「糖尿病で心臓への血管に障害が起こると狭心症になる!?」の続きを読む…

糖尿病で脳への血管に障害が起こると脳卒中になる!?

糖尿病の合併症の1つに動脈硬化があります。動脈硬化とはもともと弾力性や柔軟性に富んだ血管の組織が劣化してしまうことで、硬くなってしまう症状のことです。この動脈硬化が起こってしまうと、血管そのものが脆くなってしまい、様々な障害を引き起こしてしまいます。こうした症状を血管障害というのですが、その代表的なのが脳卒中です

「糖尿病で脳への血管に障害が起こると脳卒中になる!?」の続きを読む…

その他の合併症

合併症の病気と呼ばれることがあるのが、糖尿病です。糖尿病そのものに関しては自覚症状も乏しいのですが、血糖値が高い状態を維持してしまうと、様々な不都合が体内で起こってしまいます。

その不都合を合併症と呼んでおり、日頃から血糖値をコントロールすることが予防方法です。一般的に糖尿病といった時には3大合併症と呼ばれるものがあります。視覚障害神経障害腎機能障害の3つを指すのですが、これ以外の合併症にはどんなものがあるのか考えてみます。

「その他の合併症」の続きを読む…