網膜症は自覚症状がなく静かに進行する!?

糖尿病網膜症という目に関係している糖尿病の合併症があるのですが、この病気は進行度が3段階にわけられています。初期の段階である単純網膜症は、高血糖が原因で網膜にある細かな血管がつまったり出血を起こすこと、白斑ができることなどが特徴です。

「網膜症は自覚症状がなく静かに進行する!?」の続きを読む…

糖尿病網膜症になると視力障害を来す!?

糖尿病は目に合併症を引き起こすことがあるとされていて、症状は糖尿病網膜症と呼ばれており、最悪の場合には失明してしまうことがあると言われています。

糖尿病の合併症はほかにも多くありますが、糖尿病網膜症がどのようなものなのかを理解し、できるだけ予防や早期の段階での治療ができるようにしておくことは大切です。

「糖尿病網膜症になると視力障害を来す!?」の続きを読む…

長期間糖尿病を放っておくと糖尿病網膜症になる確率が上がる!?

糖尿病は早期発見、早期治療をすることが大切だと言われていて、長期間放置してしまうと様々な合併症を引き起こし、深刻化してしまうとされる病気です。中でも失明の危険をともなう糖尿病網膜症という合併症は、糖尿病を放置してしまうことでどんどん進行してしまうことがある症状です。

「長期間糖尿病を放っておくと糖尿病網膜症になる確率が上がる!?」の続きを読む…

糖尿病網膜症になると目が見えなくなる!?

糖尿病の合併症が目に起きてしまった場合、最悪のケースでは失明してしまうことがあります。

糖尿病の合併症で目が見えなくなる

目に起きる合併症としては糖尿病網膜症という症状が挙げられるのですが、この症状になった場合には初期段階で治療することがとても重要だとされています。

人間の目はカメラでいうとレンズの役割を水晶体が果たし、フィルムの役割を網膜の部分が果たすという構造になっているのですが、糖尿病で高血糖の状態が長く続いていると、合併症として糖尿病網膜症を起こし、網膜の部分に出血や白斑などが見られるようになってきます。

「糖尿病網膜症になると目が見えなくなる!?」の続きを読む…

糖尿病の合併症「糖尿病性網膜症」について

糖尿病には糖尿病性網膜症という目に関係する合併症が引き起こされる危険性があります。目に起きる糖尿病の合併症はとても深刻だと言われていて、失明する可能性があるとも言われているものです。非常に危険とされる糖尿病性網膜症は、糖尿病の患者の内の50%が発症するとされています。

「糖尿病の合併症「糖尿病性網膜症」について」の続きを読む…