糖尿病になると血管関係の合併症を引き起こす!?

糖尿病を発症し、高血糖の状態が長く続くようになってくると、血管には大きな負担がかかるようになると言われています。

体の中の細かな血管の血流が悪くなることで、細かな血管が集中している部分に合併症が起きることがあり、これを細小血管障害と呼んでいます。また、太い血管に起きた合併症は大血管障害と呼ばれていますが、多くの場合、大血管障害は動脈硬化と関係しています。

「糖尿病になると血管関係の合併症を引き起こす!?」の続きを読む…

糖尿病の改善が遅れるほど合併症のリスクが高まる!

糖尿病や高血糖の状態を放置したままにしてしまうと、合併症のリスクが高くなるとされており、早期の治療はとても重要だと考えられています。

血糖値のコントロールができなくなる糖尿病は、高血糖の状態が長く続くようになる病気で、血管をボロボロにしてしまうことがあると言われ、多くの臓器に悪影響を与えてしまいます。

「糖尿病の改善が遅れるほど合併症のリスクが高まる!」の続きを読む…

定期的に血圧を測って糖尿病の合併症をチェックしよう

高血圧の症状を抱えていると人は多くいると言われていますが、糖尿病の患者には特に合併症として高血圧が現れることがあるため注意が必要です。糖尿病を発症している人は、発症していない人の2倍の確率で高血圧の症状を持っているともされているため、しっかりと血圧の管理をすることが大切です。

「定期的に血圧を測って糖尿病の合併症をチェックしよう」の続きを読む…

糖尿病になると最も発病しやすい「3大合併症」とは

糖尿病が怖いのは合併症があるからといっても過言ではありません。合併症にも種類がありどのような症状が出るかは個人差もありますが、合併症は全身の至るところに症状が出る可能性があり、自覚できないので放置してしまい重篤化しやすいのが特徴です。放置してしまい症状が悪化するほど命に関わるので注意するに越した事はありません。

糖尿病の3大合併症

糖尿病での合併症には慢性合併症と急性合併症がありますが、その多くが慢性合併症です。慢性合併症の中でも神経障害、網膜症、腎症の3大合併症は特に注意が必要です。

糖尿病による合併症は他にもいくつかありますが、3大合併症は日常生活にも支障が出る恐ろしいものです。神経障害は初期に出る合併症ですが、自覚できない事が多いので気づいた時には症状がかなり進行している事も珍しくありません。

手や足指の痺れから始まりますが、神経障害のため痛みを感じません。どこかにぶつけたり傷ができたりしても気づきにくく、壊疽が始まると症状はやがて全身に広がるので手足の切断を余儀なくされます。

網膜症は目の病気ですが、糖尿病の合併症になると失明のリスクが高まります。腎症は腎臓の機能に問題が生じ、尿の毒素を分解排出できなくなるので、透析が必要になります。透析をしないと毒素が全身に周り死亡する事がもあるので、一生人工透析が必要になります。

3大合併症の予防について

糖尿病になったからといって必ず3大合併症になるとは限りません。早い段階で自分が糖尿病だと知っていれば、治療をしながら生活習慣を改善し3大合併症のリスクも軽減できます。糖尿病になる人の特徴として肥満体型やメタボ体型があります。

太り気味の人は糖尿病のリスクが高いので、ダイエットも始めましょう。運動不足も糖尿病の原因になるのでダイエットも兼ねて毎日続けられる運動も取り入れていきましょう。一度発症すれば怖い糖尿病の3大合併症も、予防が可能なのは唯一の救いです。

糖尿病を悪化させないために合併症のメカニズムを知ろう!

糖尿病は完治が難しいので一生付き合って行かなくてはいけません。治療をすれば症状の進行は食い止められますが、安定しているように思えても突然症状が悪化したり、合併症状を起こしたりと油断はできません。糖尿病は症状を悪化させない事が何よりも大切です。

「糖尿病を悪化させないために合併症のメカニズムを知ろう!」の続きを読む…

糖尿病が原因で起こる合併症について

糖尿病が怖い病気だと言われるのはいくつかの理由があります。一度糖尿病になったら完治が難しいので、一生治療を続けなくてはいけません。

さらに糖尿病は体にも様々な影響を与えますから、それが原因で合併症を起こしやすくなります。糖尿病が原因で起こる合併症は命に関わる重篤な症状もあるので、合併症には十分な注意が必要です。

「糖尿病が原因で起こる合併症について」の続きを読む…