インスリン注射を打ってるところを他人に見られたくない!

日本には糖尿病患者がとてもたくさんおり、糖尿病治療でインスリン注射を使っている方は全国に100万人以上もいると言われています。糖尿病治療でのインスリン注射では、自分自身で自分の腹部や太もも、腕などに専用の家庭用注射器を用いて決められた時刻に打っていきます。

インスリン治療が絶対に必要な1型糖尿病の場合には、どんなに注射が怖くても、他人に見られることに抵抗があっても、定められた時間にインスリン注射をしないと命にまで危険が及んでしまいます。

「インスリン注射を打ってるところを他人に見られたくない!」の続きを読む…

糖尿病治療のインスリン注射は食事に合わせて投与する?

健康な人の体の血液中には常に少量のインスリンが分泌されていて、食事をすれば血糖値がグンと上昇するのでさらにインスリンが大量に分泌されます。前者をインスリンの基礎分泌と言い、後者をインスリンの追加分泌と言います。

この2種類のインスリン分泌が正しく行われることによって、血液中のブドウ糖が常に一定に保たれているのです。インスリン自体の分泌量が減少したり、働きが悪くなってしまう糖尿病では、この2つのインスリン分泌を上手く補うためのインスリン注射があります。このインスリン注射にはどんな種類があって、どんなタイミングで投与するのでしょうか。

「糖尿病治療のインスリン注射は食事に合わせて投与する?」の続きを読む…

糖尿病治療のインスリン注射は自己注射が原則?

すい臓から分泌されるインスリンの分泌量が減少したり、またはインスリンの作用の効き具合が悪くなることが糖尿病の原因です。

血糖値を下げる作用があるインスリンの分泌量が減少すれば、当然血糖値が高くなり、そのまま放置しておけば、網膜症腎症神経障害などの合併症を引き起こす可能性が高くなります。

糖尿病では合併症が最も怖いのですが、これを未然に防止するためにはインスリン注射が必要になるケースもあります。自分で自分の腹部や太もも、腕などにインスリン注射を打つことになるのですが、これは自己注射でないといけないのでしょうか。また経口薬との違いについてもご紹介します。

「糖尿病治療のインスリン注射は自己注射が原則?」の続きを読む…

糖尿病になったけどインスリン注射を自分でするのは怖い・・・

糖尿病になるとインスリン注射で治療を行うことになる可能性もあります。インスリン注射と聞いただけで、怖い、注射はしたくない、と拒絶反応を起こしてしまう患者さんも多いようです。しかし一昔まえと比較して、インスリン注射は飛躍的に進歩しており、自分でもより安全に簡単に注射ができるようになっています。

インスリン注射はどんなものなのか、どんな場合にインスリン注射が必要になるのかをご紹介しましょう。ただ怖がるのではなくて、インスリン注射に対する知識をきちんと持っておくことが大切です。

「糖尿病になったけどインスリン注射を自分でするのは怖い・・・」の続きを読む…

1型糖尿病治療に欠かせないインスリン注射の仕方

糖尿病には1型糖尿病2型糖尿病がありますが、1型糖尿病患者の場合にはインスリン注射が欠かせません。

体内のインスリンを産生しているすい臓のβ細胞が自己免疫などによって破壊されることによってインスリンが分泌されなくなるのが1型糖尿病です。一生涯インスリン注射をすることになるのですが、その注射の仕方、ポイントなどをご紹介したいと思います。

「1型糖尿病治療に欠かせないインスリン注射の仕方」の続きを読む…

インスリン注射を使う時に覚えなければいけないルールとは

糖尿病が悪化してしまった、自己管理ができていないから、などのマイナスイメージを持つ方が多いインスリン注射ですが、糖尿病の病状というのは時間の経過とともに変化していくものなので、どうしてもインスリン注射が必要とされる時があるのです。

糖尿病で怖い合併症を防止するためにもインスリン注射はとても効果的です。前向きに糖尿病治療が行えるように、インスリン注射の仕方など実際にインスリン療法を行う時のルールなどを少しでも知っておくことは大切です。

「インスリン注射を使う時に覚えなければいけないルールとは」の続きを読む…

インスリン注射による糖尿病治療

インスリン製剤が入ったインスリン注射での糖尿病治療はいったいどんな風にして行われるのでしょうか。インスリン注射の製造技術の進歩によって、インスリンの効果が出るまでの時間や、効果の持続時間によって、いろいろな種類のインスリン注射が発明されています。

これらのインスリン注射を1日の中でタイミングを見計らいながら使用することによって、よりインスリンの効果が高まります。インスリン注射による糖尿病治療の具体的な方法をご紹介したいと思います。

「インスリン注射による糖尿病治療」の続きを読む…

糖尿病治療でインスリンを投与するときの「単位」って何?

糖尿病治療ではインスリン治療が行われることもあります。1型糖尿病の方は、体内でのインスリン分泌がなくなるのでインスリン注射は不可欠なものですし、2型糖尿病の方でも飲み薬や食事療法、運動療法での効果が十分に得られない場合に用いられる事になります。

自分の腹部や腕、太ももなどにインスリンを投与することになるのですが、この時、インスリン注射には「単位」が用いられています。これはいったい何のことを指すのでしょか。

「糖尿病治療でインスリンを投与するときの「単位」って何?」の続きを読む…

飲み薬はない!?インスリンは注射でしか投与できないの!?

1日に数回必要となるインスリン注射は、使用する際には場所やタイミングを選ぶ必要があるので、生活を送る上で精神的にも大きな負担となるものです。誰もが簡単に便利にインスリン注射ができる時代で、さらに超極細の注射針の普及によって、インスリン注射の痛みもなくなりました。

患者の状態に合わせて、インスリンの作用発生時間や持続時間が異なるタイプのインスリン注射があり、それらを利用することでより血糖コントロールが容易になっていますし、注射器の使い勝手もどんどん進化しています。

しかしそれでも自分で注射をするのは大きな負担で、恐れを抱いてしまう方も多いようです。インスリン注射をためらうために治療がスムーズに行えないようなことも多くあるようです。

「飲み薬はない!?インスリンは注射でしか投与できないの!?」の続きを読む…

インスリン注射のタイプとそれぞれの使用方法

糖尿病の治療には、主に食事療法運動療法、そして薬物療法があります。糖尿病治療での薬物療法は、食事療法と運動療法を行ってみても血糖コントロールが十分でない場合に用いられます。

薬物療法には具体的に飲み薬とインスリン注射があります。たいていの場合では、飲み薬だけで血糖コントロールができるのですが、1型糖尿病の人や飲み薬でも血糖コントロールがうまくいかない人、あるいは飲み薬にアレルギーのある人などにはインスリン注射が用いられる事になります。

「インスリン注射のタイプとそれぞれの使用方法」の続きを読む…