1型糖尿病治療に必要なインスリンの種類は?

糖尿病の中でも特に1型糖尿病はインスリン注射をしてインスリンを摂取することが重要です1型糖尿病だと体内でインスリンを作り出すことができませんので外部から投与するしかないからです。

この時、インスリン製剤と呼ばれるインスリンを注射するわけですがその種類は1つではありません。いくつかの種類の中から1つ、もしくは複数の製剤を投与することになりますのでどんな種類があるのかを把握しておくことも大切です。それぞれの違いがわかれば自分にはどの種類が適しているのかも考えることができます。

「1型糖尿病治療に必要なインスリンの種類は?」の続きを読む…

1型糖尿病の治療に適切なインスリンの量は?

1型糖尿病は自己免疫の異常によってインスリンを作る細胞が壊されてしまいます。2型糖尿病は肥満をはじめとして生活習慣が原因でインスリンの作られる量が減少するのが特徴で、1型糖尿病の場合、細胞そのものが破壊されてしまうのでインスリンが減少するのではなく、そもそも作り出すことができなくなってしまいます。

「1型糖尿病の治療に適切なインスリンの量は?」の続きを読む…

インスリンの摂取方法

糖尿病になると体内でインスリンを作ることが難しくなりますので、なんらかの方法で外部から摂取することになります。そうして不足しているインスリンを補い血糖値を下げるわけです。

インスリンはどうやって摂取する?

代表的な摂取方法としてはやはり注射が挙げられるでしょう。インスリン注射と呼ばれる方法で、自分で注射を打つことでインスリン摂取していきます。

注射と言ってもそれほど太い針を使うわけではなく、比較的小さな注射となっていますので痛みはありますが強い痛みではなく、1日に数回程度注射してインスリンを摂取します。こまめにインスリンを摂取しなければいけない患者の方は特にこのインスリン注射を摂取方法として選んでいることが多くなります。

「インスリンの摂取方法」の続きを読む…

インスリンには低血糖と体重増加をさせる欠点がある!?

糖尿病の治療においてインスリンは欠かせない存在で、体内で作り出されるインスリンの量が十分でなければ注射などを使ってインスリンを摂取する必要があります。

インスリンには低血糖のリスクもある

こうすることで血糖値をコントロール、つまり血糖値を下げることができるのですがこの時逆に低血糖になってしまうことがあります。インスリンは血糖値を下げる働きがあり、その作用が糖尿病の治療に有効なわけですが場合によっては血糖値を必要以上に下げてしまう可能性があります。

高血糖もよくありませんが低血糖も意識を失ってしまうなどの危険性がありやはりよくありません。

「インスリンには低血糖と体重増加をさせる欠点がある!?」の続きを読む…

インスリンポンプ治療のメリットとデメリット

インスリンポンプとは注射とは違い、ポンプを利用することでより細かく投与量を決めることができ、使いこなすことができれば非常に便利な治療法です。これ自体がメリットでもあるのですがその他にもいくつかメリットとして考えられる点があります。

インスリンポンプ治療のメリット

まず、非常に細かく設定できるという点で、長い時間をかけてゆっくりとインスリンを投与できるのはもちろん、不要だと感じたら途中で設定を変更して投与量を減らしたり、逆に増やしたりできます。無駄なインスリンを投与することがなくなりますので急激に低血糖の状態になるのを防ぐことが可能で、しかも注射と違って痛みがほとんどありません。

「インスリンポンプ治療のメリットとデメリット」の続きを読む…

糖尿病治療に使うインスリンとペプチドの関係

糖尿病というとインスリンを思い浮かべる方も多いと思います。実際、インスリンは糖尿病と密接な関係があり、糖尿病の原因、そして治療のために重要な役割を果たすことになります。

インスリンだけじゃない糖尿病とペプチドの関係

そもそもインスリンとは膵臓の中の細胞で作られるホルモンの1種で、体内の糖をコントロールする働きがあります。インスリンが働くことで血糖値を常に正常な値にキープすることができるわけですが、なんらかの理由でインスリンの量が減少すると血糖値を下げることができず高血糖の状態が続きます。これが糖尿病です。

これはよく聞く話ですが、実はもう1つ、ペプチドという存在も糖尿病と大きく関係しています。それはインスリンとペプチドがセットのように関わっていることが理由です。

「糖尿病治療に使うインスリンとペプチドの関係」の続きを読む…

糖尿病の治療中は自宅でも血糖値測定をしよう!

糖尿病の治療はその方法がいくつかありますが、共通していることは血糖値をコントロールするという点です。糖尿病になるとインスリンの不足などで血糖値が高い状態になってしまうため、それをいかにして下げるかが大きなポイントになるわけです。ここで大切なことは血糖値の動きは1人1人でまったく違うということです。

「糖尿病の治療中は自宅でも血糖値測定をしよう!」の続きを読む…

糖尿病になると血糖値を下げるホルモンが足りなくなる!?

私達が食べる食材の多くには糖が含まれています。糖は体の中でエネルギーに変換されるものですのでとても重要で、私達が活動するためのガソリンのようなものです。そのため食事の直後は誰でも血糖値が急激に上昇し、一時的に高血糖の状態になります。ですがあるホルモンの働きによって糖はエネルギーとして変換され、筋肉などに取り込まれていきます。

「糖尿病になると血糖値を下げるホルモンが足りなくなる!?」の続きを読む…

インスリン抵抗性があると食後の血糖値が上昇する!?

糖尿病になる原因の1つにインスリン抵抗性が高いことがあります。インスリン感受性が低いなどとも言うのですが、そもそもインスリン抵抗性とはなんなのでしょう。

インスリン抵抗性とは?

私達は食事をすることで糖を摂取しています。糖は血液によって全身に運ばれ主に筋肉にエネルギーとして使われています。運動前によく食べると良いと言われるのは糖を十分に摂取してエネルギーを補給するためです。

この糖を全身に運ぶ役割を果たしているのは血液ですが、同時にインスリンが作用することで効率よく筋肉に糖を摂り入れることができるようになります。

「インスリン抵抗性があると食後の血糖値が上昇する!?」の続きを読む…

糖尿病を改善するならインシュリンは必要不可欠!?

糖尿病は血糖値が高くなりすぎる病気だと言えます。そのため治療においてもいかにして血糖値を下げ適切な値にキープするかがポイントです。

インシュリンの働きとは?

高すぎてもいけませんが低すぎても低血糖症になってしまうため必要な量をしっかりキープする必要があります。人間は食事をするとその後急激に血糖値が上昇していきます。血糖は体を動かすためのエネルギーになりますのでこれは当然のことと言えるのですが、余ってしまった血糖は自然と処理され血糖値が下がるようにできています。

「糖尿病を改善するならインシュリンは必要不可欠!?」の続きを読む…