糖尿病で高くなった血糖値を下げるにはインスリンしかない!?

糖尿病によって血糖値が高くなっている場合、なんとかしてその血糖値を下げる必要がありますが、その代表的な方法がインスリン注射です。インスリンを注射することで血糖値を下げることができ、糖尿病の治療ではよく用いられる方法だと言えます。

血糖値を下げるためには運動や食事も大切

では、インスリン注射でしか血糖値は下げられないのかというとそうではありません。適度な運動や食事も血糖値を下げる効果があり糖尿病患者の中でも運動療法や食事療法をしている方は決して少なくありません。

「糖尿病で高くなった血糖値を下げるにはインスリンしかない!?」の続きを読む…

糖尿病治療に使うインスリン製剤の種類と効果

糖尿病の治療において重要な役割を果たすのがインスリン製剤です。主に注射をすることで体内に取り込む仕組みになっているのですが不足したインスリンを補うことによって血糖値をコントロールできるようになります。

インスリン製剤の種類は1つじゃない

糖尿病は1型にしろ2型にしろ体内でインスリンを作り出すのが難しい状態になっていることがほとんどですので、インスリン製剤によるサポートは欠かせないのです。

「糖尿病治療に使うインスリン製剤の種類と効果」の続きを読む…

2型糖尿病を治療するなら飲み薬と注射薬のどちらが良い?

2型糖尿病の治療の基本は食事療法運動療法になりますが、場合によっては薬物治療を行うこともあります。薬物治療には飲み薬を服用する方法と注射を打つ方法の2つがあるのですが、それぞれにどんな違いがあり、そしてどちらの方法がより良い方法になるのでしょう。

「2型糖尿病を治療するなら飲み薬と注射薬のどちらが良い?」の続きを読む…

2型糖尿病の治療ではすぐにインスリン注射は使わない!?

糖尿病には1型と2型の2種類があり、2型糖尿病の主な原因は生活習慣だとされています

偏った食生活や分銅不足、さらにストレスなどが原因になるわけです。こうした原因から結果的に肥満となるのがポイントで、そのため治療の方法も1型とは違い、根本的な原因となっているものを改善、予防することが目的となります。

「2型糖尿病の治療ではすぐにインスリン注射は使わない!?」の続きを読む…

1型糖尿病になると一生インスリン治療が必要!?

糖尿病には1型と2型の2種類があります。どちらも糖尿病であることは同じで症状も同じなのですが糖尿病になる原因が違いとされています。

1型糖尿病にインスリン治療は欠かせない

1型は自己免疫の異常が原因で自身の細胞を破壊してしまうことから糖尿病になります。つまりインスリンホルモンを作り出すことができなくなってしまい、その結果血糖値のコントロールができなくなるわけです。

「1型糖尿病になると一生インスリン治療が必要!?」の続きを読む…

インスリン治療には副作用の危険性はないの!?

インスリンは血糖値を下げることができることから糖尿病治療において大きな力を発揮します。インスリンがなければ糖尿病を治療することは非常に難しいと言ってしまってもいいくらいです。

インスリンと副作用について

インスリンは元々体の中で作り出されるホルモンの1種ですが、薬として利用することでなんらかの副作用が出ることはあるのでしょうか。薬である以上副作用のリスクは付きものと考えることができるわけですが、インスリンはホルモンですから副作用もないように思えます。

「インスリン治療には副作用の危険性はないの!?」の続きを読む…

糖尿病治療に使われる「インスリン」とは?

インスリンはインシュリンとも呼ばれる体内ホルモンの1種です。膵臓で作り出されるホルモンで、血糖値を下げるという役割を持っていることから非常に重要なホルモンであると言えます。

そもそもインスリンとは?

私達は生きていくために必ず食事をしなければなりませんが、何かを食べることで血糖値が上昇していきます。血糖は体内でエネルギーとして利用されますので必要不可欠なものなのですが、血糖を効率よくエネルギーに変換してくれるのがインスリンなのです。

「糖尿病治療に使われる「インスリン」とは?」の続きを読む…