糖尿病治療でインスリンを投与するときの「単位」って何?

糖尿病治療ではインスリン治療が行われることもあります。1型糖尿病の方は、体内でのインスリン分泌がなくなるのでインスリン注射は不可欠なものですし、2型糖尿病の方でも飲み薬や食事療法、運動療法での効果が十分に得られない場合に用いられる事になります。

自分の腹部や腕、太ももなどにインスリンを投与することになるのですが、この時、インスリン注射には「単位」が用いられています。これはいったい何のことを指すのでしょか。

「糖尿病治療でインスリンを投与するときの「単位」って何?」の続きを読む…

飲み薬はない!?インスリンは注射でしか投与できないの!?

1日に数回必要となるインスリン注射は、使用する際には場所やタイミングを選ぶ必要があるので、生活を送る上で精神的にも大きな負担となるものです。誰もが簡単に便利にインスリン注射ができる時代で、さらに超極細の注射針の普及によって、インスリン注射の痛みもなくなりました。

患者の状態に合わせて、インスリンの作用発生時間や持続時間が異なるタイプのインスリン注射があり、それらを利用することでより血糖コントロールが容易になっていますし、注射器の使い勝手もどんどん進化しています。

しかしそれでも自分で注射をするのは大きな負担で、恐れを抱いてしまう方も多いようです。インスリン注射をためらうために治療がスムーズに行えないようなことも多くあるようです。

「飲み薬はない!?インスリンは注射でしか投与できないの!?」の続きを読む…

インスリン注射のタイプとそれぞれの使用方法

糖尿病の治療には、主に食事療法運動療法、そして薬物療法があります。糖尿病治療での薬物療法は、食事療法と運動療法を行ってみても血糖コントロールが十分でない場合に用いられます。

薬物療法には具体的に飲み薬とインスリン注射があります。たいていの場合では、飲み薬だけで血糖コントロールができるのですが、1型糖尿病の人や飲み薬でも血糖コントロールがうまくいかない人、あるいは飲み薬にアレルギーのある人などにはインスリン注射が用いられる事になります。

「インスリン注射のタイプとそれぞれの使用方法」の続きを読む…

1型糖尿病治療に必要なインスリンの種類は?

糖尿病の中でも特に1型糖尿病はインスリン注射をしてインスリンを摂取することが重要です1型糖尿病だと体内でインスリンを作り出すことができませんので外部から投与するしかないからです。

この時、インスリン製剤と呼ばれるインスリンを注射するわけですがその種類は1つではありません。いくつかの種類の中から1つ、もしくは複数の製剤を投与することになりますのでどんな種類があるのかを把握しておくことも大切です。それぞれの違いがわかれば自分にはどの種類が適しているのかも考えることができます。

「1型糖尿病治療に必要なインスリンの種類は?」の続きを読む…

1型糖尿病の治療に適切なインスリンの量は?

1型糖尿病は自己免疫の異常によってインスリンを作る細胞が壊されてしまいます。2型糖尿病は肥満をはじめとして生活習慣が原因でインスリンの作られる量が減少するのが特徴で、1型糖尿病の場合、細胞そのものが破壊されてしまうのでインスリンが減少するのではなく、そもそも作り出すことができなくなってしまいます。

「1型糖尿病の治療に適切なインスリンの量は?」の続きを読む…

インスリンの摂取方法

糖尿病になると体内でインスリンを作ることが難しくなりますので、なんらかの方法で外部から摂取することになります。そうして不足しているインスリンを補い血糖値を下げるわけです。

インスリンはどうやって摂取する?

代表的な摂取方法としてはやはり注射が挙げられるでしょう。インスリン注射と呼ばれる方法で、自分で注射を打つことでインスリン摂取していきます。

注射と言ってもそれほど太い針を使うわけではなく、比較的小さな注射となっていますので痛みはありますが強い痛みではなく、1日に数回程度注射してインスリンを摂取します。こまめにインスリンを摂取しなければいけない患者の方は特にこのインスリン注射を摂取方法として選んでいることが多くなります。

「インスリンの摂取方法」の続きを読む…