糖尿病になると血液中にブドウ糖があふれて高血糖になる!

糖尿病は血液中のブドウ糖の割合が非常に高い状態ですから、通常よりも血液中に締めるブドウ糖の数が多くなります。このブドウ糖は本来インスリンによって各期間へ送られ、細胞のエネルギーとなって働きますが、インスリンの量が不足しているとブドウ糖が血液中にあふれ出し、高血糖になってしまいます。

「糖尿病になると血液中にブドウ糖があふれて高血糖になる!」の続きを読む…

血糖値に異常が見つかると再検査をしなければいけない!?

糖尿病は初期段階ではほとんど自覚症状がありませんから、血糖値が高いと言われても多少高いだけだと放っておく人が多く見られます。

ですが糖尿病の場合、検査の病気と言われるように、検査をしっかり行い、治療を進めていかなければやがて失明、壊疽による切断、人工透析生活になることも考えられるのです。ですから血糖値に異常があった場合、早めに病院を受診し、定期的に検査をする必要があります。

参考:血糖値の正常な範囲はどれくらい?

「血糖値に異常が見つかると再検査をしなければいけない!?」の続きを読む…

血糖値の基準値はいくつ?高い値も良くないが低すぎてもダメ?

血糖値と言うと、健康診断のときに血液検査で測るもの、という考えを持つ人が多いでしょう。確かにその通りですし、血糖値が分かれば糖尿病のリスクを見出すこともできますし、早めに対処することもできます。

ですが血糖値には最低値と最高値があり、その範囲内であれば正常とされています。意外と多いのが血糖値は低ければいい、と思っている人です。確かに血糖値は高いと糖尿病の可能性が高くなりますし、命の危険性も出てきます。ですが血糖値が低いとこちらも低血糖で命の危険性に陥りやすくなるのです。

「血糖値の基準値はいくつ?高い値も良くないが低すぎてもダメ?」の続きを読む…

血糖値が体に与える影響

高血糖になると体に様々な弊害が生じます。血液中の糖の濃度が高くなるわけですから当然血液はどろどろの状態になり、水分不足から脱水症状を起こすこともあります。

さらに進むと糖尿病になったり、心筋梗塞を引き起こしたり、あるいは肝硬変になったりと、様々な命に関わる病気のリスクが高まってしまうのです。

血糖値が上がると体に何が起こるのか

糖尿病は完治する見込みのない病気ですし、血糖値の高い状態が続けば糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病性神経障害など、失明や人工透析、壊疽による切除などの合併症も引き起こされてしまうのです。そうすると日常生活には支障となり、働くのもままならない状態となってしまいます。

「血糖値が体に与える影響」の続きを読む…