健康診断前日の過食やアルコールは結果をおかしくさせる!

会社などで行われる健康診断は、糖尿病などの生活習慣病を早期に発見したり、そして未然に防ぐためにとても大切なものです。自分はこれまで大病をしたことがないから大丈夫、などと自信満々な方もたまにいますが、いつまでも若い頃と同じ感覚ではいけません。

糖尿病のように初期段階では自覚症状があまり現れず、じわじわと知らないうちに進行してしまう病気もあります。健康診断ではそのような自覚症状のない病気を見つけたり、生活習慣を見直すための貴重な機会になります。年に1、2回行われる健康診断前日には、気をつけたいことがいくつかありますので、ご紹介しましょう。

「健康診断前日の過食やアルコールは結果をおかしくさせる!」の続きを読む…

糖尿病の検診をするなら何科の病院に行けばいいの?

親族に糖尿病患者が多い方や、最近どうも異様に喉が渇く、トイレが近くなった、などの症状がある方は、糖尿病の検診を一度受けてみるのがおススメです。糖尿病は早期に発見することがとても大切です。糖尿病は初期段階では自覚症状が出にくいという特徴があるので、症状が目立ってきた時には、かなり病状が進行していることもあります。

気になる症状がある方や、身近に糖尿病患者がいて40代にさしかかる方などは、糖尿病の検診を行うようにしましょう。

では糖尿病の検診をする場合には、一体何科の病院に行けば良いのでしょうか。かかり付けの病院がない方や、あまり病院に行く機会がない方は、いざ糖尿病検診に行こうとして戸惑ってしまうかと思います。何科に受診すれば良いのか、どんな検査を受けるのか、などをご紹介しましょう。

「糖尿病の検診をするなら何科の病院に行けばいいの?」の続きを読む…

自分で糖尿病の検診をする場合に発生する診察料金は?

体質が遺伝することも多い糖尿病ですから、自分の両親や親族などに糖尿病患者がいれば、年齢とともに自分も糖尿病になるかも知れない、などと気になってくるものです。

また、喉が渇く、トイレが近い、などの気になる症状があれば、早めに糖尿病検診を受けることが大切です。自分で糖尿病検診をする場合には、いったいどのくらいの診察料金が発生するのでしょうか。

「自分で糖尿病の検診をする場合に発生する診察料金は?」の続きを読む…

糖尿病を改善するなら定期的に健康診断を受けよう!

よく言われるのが糖尿病とは検査の病気であると言うことです。これは糖尿病の初期段階では自覚症状がほとんどなく、治療せずに放っておく人が多いためです。

しかし治療せずにいると糖尿病はどんどん進行していき、重症化すると目が見えなくなる、壊疽を起こす、定期的に人工透析しなければならなくなるといったことが起こるようになります。糖尿病の合併症は本当に恐ろしく、日常生活に支障をきたしてしまうのです。

「糖尿病を改善するなら定期的に健康診断を受けよう!」の続きを読む…

糖尿病の再検査の予約は取りづらい!?

糖尿病患者および予備軍は今増えており、再検査のために病院を予約しようとしても中々予約することができません。

確かに糖尿病の専門病院や医師は増えているのですが、糖尿病患者の数に対して絶対数はないという状況です。また女性の場合は女医に見てもらいたいという人も多く、女医を探してさまよい続けると言うこともあります。

「糖尿病の再検査の予約は取りづらい!?」の続きを読む…

糖尿病の精密審査は何をするの?費用は?

病院で糖尿病の精密検査をする際、主に3つの検査を行います。まず1つはHbA1cの検査ですが、これは血液検査のみで簡単に終わる検査です。

糖尿病再検査では何をする?

検査の目的は検査より1~2ヶ月前の血糖値の平均値を見るためです。血糖値よりもすぐ前の体調、食事から受ける影響が少なく、食事制限を受けない検査です。血糖値の範囲が正常な範囲かどうかというよりは、糖尿病の進行状態や治療の効果がどれだけあるかを判断する検査でもあります。

「糖尿病の精密審査は何をするの?費用は?」の続きを読む…

糖尿病を疑われた場合に行われる再検査・精密検査の内容

糖尿病を疑われたら、すぐに医療機関で再検査、精密検査を受けることが大切です。しかしどのような検査をするのか不安と言う方も多いでしょう。

厚生労働省が定める糖尿病の精密検査

厚生労働省では検査の種類を、日常の血糖値、朝から何も食べていない状態の血糖値、ブドウ糖を飲んでから測る血糖値としています。3つの血糖値を測り、いずれかに異常が出た場合、さらに再検査をすることになります。

「糖尿病を疑われた場合に行われる再検査・精密検査の内容」の続きを読む…

健康診断で再検査することになったら早めに受けよう

健康診断などで糖尿病の疑いが出たら早めに医療機関を受診しましょう。

糖尿病の再建さは何をするのか

糖尿病は1種類ではありませんので、病院で詳しい再検査を行う必要があります。検査の1回目では血液検査および75g経口ブドウ糖負荷検査が行われます。判定基準は血糖値あるいはHbA1cいずれかが糖尿病タイプとなった場合に再検査を受けることになります。

「健康診断で再検査することになったら早めに受けよう」の続きを読む…

健康診断で糖尿病の疑いを指摘された!再検査を受けないとどうなる?

健康診断で血糖値が高いと指摘されても、仕事が忙しいから、大して症状もないし大丈夫だからなどという理由で再検査を受けない人がいます。確かに健康診断の結果は紙で届きますし、産業医でもいない限り直接医師から注意を受けると言うことはないでしょう。

健康診断の結果は重要

健康診断でポイントとなるのはグリコヘモグロビン値です。血糖値じゃないのかと思う方もいるでしょうが、日本糖尿病学会ではグリコヘモグロビン値が6.5%以上になると異常と判断されます。ですが健康診断の場合、5.5%以上になると保健指導を行う目安としています。

「健康診断で糖尿病の疑いを指摘された!再検査を受けないとどうなる?」の続きを読む…

健康診断や人間ドックで糖尿病を発見する

親が糖尿病、甘いものが好きなど、糖尿病のリスクを抱えている人は大勢いますが、健康診断や人間ドッグを受けているでしょうか。

糖尿病発見には健康診断を受けよう

糖尿病にかかってしまうのではと怯えるよりも、健康診断や人間ドッグで少しでも糖尿病の気配を確認できるほうが安心できるでしょう。健康診断は将来的にかかるかもしれない病気を見つけ、その可能性の芽を摘むこともできます。糖尿病予備軍と糖尿病患者はいまや1600万人以上いるといわれていますので、健康診断を大切にしましょう。

「健康診断や人間ドックで糖尿病を発見する」の続きを読む…