1型より2型糖尿病の方がケトアシドーシスになりやすい!?

糖尿病には1型と2型という種類があります。1型糖尿病の場合はインスリンを作り分泌する膵臓にトラブルが起こり正常に分泌できなくなるタイプです。2型糖尿病の場合はその原因のほとんどが生活習慣にあると言われているので、1型は先天性な原因がありますが、2型の場合は後天性と考える事ができます。

1型より2型糖尿病の方がケトアシドーシスになりやすい!?

1型糖尿病の場合はインスリン不足というはっきりした状態であり、自力ではインスリンを生成する事も分泌する事も出来ないので、インスリン注射で対応します。

1型糖尿病は数が少なく、糖尿病患者の中で9割以上を占めるのが2型糖尿病だと言われています。2型糖尿病の場合は、生活習慣と食事、運動不足という原因があります。

「1型より2型糖尿病の方がケトアシドーシスになりやすい!?」の続きを読む…

ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスという酸血症になる!?

普段はほとんど耳にする事がないと思われるケトン体は、体の中で脂肪を分解する時に発生する物質です。ダイエットをする場合は体脂肪を減らすために分解させてエネルギー源にするので、健康な人でもケトン体が発生します。

ケトン体のできる仕組み

通常はケトン体が増えても役目を終えたら、老廃物として体外に排出されます。過激なダイエット中に尿検査をすると、尿ケトン体が多いので陽性反応が出る事もありますが、ダイエットの方法を見直せばこれも改善されます。

「ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスという酸血症になる!?」の続きを読む…

尿中ケトン体で分かる体の病気

尿検査の時にはいくつかの項目がありますが、その中にケトン体というのがあります。ケトン体というのは体内で脂肪が分解される時に発生する物質です。これは誰にでも起こる事ですし、ケトン体は発生しても役目を終えたら老廃物として体外に排出されます。

「尿中ケトン体で分かる体の病気」の続きを読む…

尿検査のケトン体が陽性になる原因と解決方法

尿検査でケトン体が陽性になる場合はいくつかの原因が考えられます。原因によって解決方法も変わりますので、まずケトン体が陽性になった原因をはっきりさせる事が大切です。

尿検査のケトン体が陽性になる原因

尿検査でケトン体が陽性になる原因としては、妊娠、無茶なダイエット、糖尿病などがあります。

妊娠の場合は初期のつわりがある時期にケトン体が陽性になる可能性が高いと言えます。無茶なダイエットで食事をほとんど食べない場合や、食べたとしてもこんにゃくやりんごだけなど、栄養バランスが極端に偏るとケトン体陽性になる確率も高くなります。

「尿検査のケトン体が陽性になる原因と解決方法」の続きを読む…

健康診断の結果でケトン体が陽性だとどんな危険性がある?

ケトン体と聞いてもおそらくほとんどの人がどんな物質なのかわからないと思います。ケトン体というのは、体の中で脂肪を分解する時に発生する物質ですが、本来は老廃物なので発生しても体外に排出されます。しかし何らかの理由で排出されないと、体に害を与える物になってしまいます。

健康診断の結果でケトン体が陽性だった場合

ケトン体が多く発生するにもいくつか原因がありますが、糖尿病という可能性もあるので、もしも健康診断でケトン体が陽性だった場合は早めに詳しい検査をしたほうがいいと思います。

「健康診断の結果でケトン体が陽性だとどんな危険性がある?」の続きを読む…

ココナッツオイルで体に足りないケトン体を増やす!

糖尿病だと診断されると生活習慣の見直し、食事制限、運動をするように医師から言われます。これはすべて糖尿病になった原因が含まれているので、それを改善し今以上に症状を悪化させないためという目的があります。

薬物療法なども取り入れますが、生活習慣や食事の見直しと、運動なしでは糖尿病を改善する事は出来ないと言ってもいいくらいです。

「ココナッツオイルで体に足りないケトン体を増やす!」の続きを読む…

糖尿病にかかると体臭や口臭がケトン臭がでてくる!?

体脂肪はある程度必要な物ですが、増えすぎてしまうと肥満の原因となり健康にも様々な影響を与えます。肥満は糖尿病のリスクを高める事でも知られていますが、糖尿病になると本来影響のない物でも体に悪い影響を与えてしまうようになります。

糖尿病におけるケトン体の影響

脂肪と聞いた時にあまりいいイメージを持たない人も多いと思いますが、脂肪は体のエネルギーを作り出すためにも必要なので、完全にカットしてしまうのも問題です。

ダイエットでは体脂肪を減らす事を目的としますが、体脂肪が低すぎると免疫力が低下してしまい、感染症などを起こしやすくなるというデメリットもあります。適度に必要ですが、多すぎると肥満の原因となり糖尿病のリスクも高めます。

「糖尿病にかかると体臭や口臭がケトン臭がでてくる!?」の続きを読む…

ケトン体を増やし過ぎないように主食の糖質を減らそう!

糖尿病患者以外の人でも、体内で脂肪を分解する際、ケトン体という物質が排出されます。

これは有機脂肪酸の一種ですが、健康な状態では脂肪を分解する時にケトン体が生成されても老廃物とみなされ排出していくので特に問題は起こりません。ところが糖尿病の人はインスリンが不足している状態なので、糖質の多い食事をしているとケトン体がどんどん増えていきます。

「ケトン体を増やし過ぎないように主食の糖質を減らそう!」の続きを読む…

中性脂肪が分解されるとケトン体が増える!?

糖尿病の人は多少の個人差もありますが、ほとんどの人が肥満体型をしています。肥満というのは体脂肪が多い状態ですが、体中に脂肪をまとっているのでケトン体が増えやすい傾向があります。

糖尿病とケトン体

ケトン体というのは体の中で脂肪を分解する時にできる物質ですが、健康な人はケトン体ができても体外へ排出されるので問題ありません。

しかし糖尿病の人はインスリンの分泌が正常に行われていないため、ケトン体を排出できなくなります。脂肪にも種類はありますが、肥満体型の人は中性脂肪が多い状態なので脂肪が多いほど、ケトン体の数も増えやすい傾向にあります。

「中性脂肪が分解されるとケトン体が増える!?」の続きを読む…

糖質不足が原因でケトン体が増える!?

糖尿病の診断をする際、ケトン体も重要な見極めポイントになりますが、ケトン体というのは体内で脂肪を分解した時にできる物質の事です。これは糖尿病の人に限らず健康な人の体内でも起こる反応ですが、糖尿病の人はインスリンが不足した状態なので、本来排出されるはずがうまく排出できず体の中で増えてしまいます。

「糖質不足が原因でケトン体が増える!?」の続きを読む…