飲み薬治療のデメリット

糖尿病の飲み薬を使う上でのデメリットはとにかく副作用が一番に挙げられるのは言うまでもなく、個人差はあるとは言え副作用が起きる可能性を完全に避ける事はまず不可能でしょう。

飲み薬の最大のデメリットは副作用

副作用というのは誰がどういう原因で起きやすいか、というのを完璧に予測する事は困難なので対処が難しく、どんなに健康的な生活を送っていても発症する場合があるからです。

「飲み薬治療のデメリット」の続きを読む…

薬物治療だけしても糖尿病を改善することは出来ない!?

糖尿病を改善するためには、血糖値を正常にしてインスリンの分泌を回復させる必要があるのですが、確かにこれは薬を使う事で健全な状態を維持したり、回復へ進める事は出来るかもしれません。

薬物治療だけでなく食生活も考えよう

でも極端な話、薬物治療をしているのにお菓子をバリバリ食べていたら、もちろん血糖値が良くなるはずがありませんよね?

つまり糖尿病の状態を改善するなら薬物治療だけでは難しく、とにかく食事のバランスを徹底させ、摂るべき栄養を取り摂ってはいけない栄養は摂らない食生活を送らないと、糖尿病が改善する事は絶対にありません。

「薬物治療だけしても糖尿病を改善することは出来ない!?」の続きを読む…

2型糖尿病になるとずっと薬物治療し続けなければいけない!?

2型糖尿病になると永遠に薬物治療しなきゃいけないの? という疑問についてですが、インスリン注射ならやめられる可能性がありますし、2型糖尿病なら症状をグッと改善させる見込みがあるので諦めるのは早計です

インスリン注射はやめられる

もちろんインスリン治療をやめたり糖尿病を完治させるには食生活の改善など多大な努力が必要になりますが、それでもインスリン治療をやめられた人は沢山居ますので絶対に諦めないで下さい。

「2型糖尿病になるとずっと薬物治療し続けなければいけない!?」の続きを読む…

ビグアナイド薬を使った投薬治療でインスリンの働きを改善する

2型糖尿病で行われる投薬治療は、食事療法運動療法を行っても血糖コントロールが良好でない場合に行われることになります。

糖尿病の投薬治療で用いられる薬には、インスリンの働きを改善する薬、インスリン分泌を促進する薬、そして糖の吸収を緩やかにする薬の3タイプがあります。

インスリン分泌を促進させるスルホニル尿素薬に次いで広く使用されているのがビグアナイド薬です。こちらはインスリンの働きを改善する薬で、スルホニル尿素薬などと併用されることもあります。

「ビグアナイド薬を使った投薬治療でインスリンの働きを改善する」の続きを読む…

太っている2型糖尿病患者にはビグアナイド薬が効果的

糖尿病にはすい臓からインスリンが全く分泌されなくなる1型糖尿病と、インスリンの分泌量が低下する、あるいはインスリンの働きが悪くなる2型糖尿病があります。日本人の糖尿病患者の大半が2型糖尿病なのですが、この治療には食事療法と運動療法に加えて薬物療法もそれぞれの患者の病状に応じて使用されることになります。

糖尿病患者にとって食事療法と運動療法はいくら薬物療法を行っていたとしても、継続的に不可欠なものです。しかし中には食事療法と運動療法が上手くいかず、太っている方もいます。肥満の2型糖尿病患者によく使用されているのがビグアナイド薬という経口薬です。

「太っている2型糖尿病患者にはビグアナイド薬が効果的」の続きを読む…

ビグアナイド薬での2型糖尿病の治療

ビグアナイド薬は、スルホニル尿素薬と同様に、昔からよく使用されている2型糖尿病の経口薬です。 ビグアナイド薬の働きや、どのような場合に使用されるのか、さらに気をつけたいことなどをここで紹介しましょう。

ビグアナイド薬にはどんな働きがあるの!?

ビグアナイド薬は、肝臓でブドウ糖が新たに作られるのを抑制する働きがある薬です。また腸からのブドウ糖吸収を抑制する働きもあります。これによってインスリンの働きが良くなり血糖値を下げることが出来ます。

「ビグアナイド薬での2型糖尿病の治療」の続きを読む…

スルホニル尿素薬の投与は血糖値が下がりすぎる危険がある!?

2型糖尿病の治療で行われる薬物療法には、インスリン治療経口薬の2つがあります。糖尿病の経口薬には、インスリン分泌を促す作用のあるもの、インスリンの体内での働きを改善するもの、ぶどう糖の吸収を緩やかにするもの、があります。

大きく分けてこの3種類の作用がある経口薬が糖尿病の薬物療法で用いられるのですが、どれも効果がある分、副作用としての低血糖が起こる可能性もあるので注意が必要です。

「スルホニル尿素薬の投与は血糖値が下がりすぎる危険がある!?」の続きを読む…

食事治療が不十分だとスルホニル尿素薬を飲んでも効果がない!?

2型糖尿病の経口薬として利用されているスルホニル尿素薬は、食事療法を徹底していないと、その効果を十分に得ることが出来ません。もちろん他の種類の経口薬でも食事療法や運動療法も併せて行う必要がありますが、スルホニル尿素薬を飲む場合には、特に注意が必要です。

「食事治療が不十分だとスルホニル尿素薬を飲んでも効果がない!?」の続きを読む…

スルホニル尿素薬でインスリンの分泌を推進させよう!

2型糖尿病治療で最も多く使用されているのがスルホニル尿素薬です。インスリン分泌が弱まることや、インスリンの作用が悪いことが原因で起こるのが2型糖尿病ですが、このスルホニル尿素薬が使用されるのは前者のインスリン分泌の弱まりに対して効果がある薬です。スルホニル尿素薬を正しく使ってインスリン分泌を推進させ、血糖コントロールを行っていきましょう。

「スルホニル尿素薬でインスリンの分泌を推進させよう!」の続きを読む…