2型糖尿病の投薬治療で最も使われているスルホニル尿素薬とは

2型糖尿病治療の基本は、食事と運動療法ですが、どうしても効果が現れるまでには時間がある程度必要になります。2、3ヶ月、きちんと食事と運動療法を行っても血糖コントロールが安定しない場合には、投薬治療も行われることになります。

2型糖尿病の投薬治療では現在、6種類の経口薬が使用されているのですが、最も使われているのがスルホニル尿素薬です。これらの経口薬について紹介していきましょう。

「2型糖尿病の投薬治療で最も使われているスルホニル尿素薬とは」の続きを読む…

実際に2型糖尿病の治療に効果がある薬はあるの?

2型糖尿病の治療では、食事制限適度な運動による治療が基本となります。しかしこれだけでは十分に血糖コントロールが出来ない場合もあります。そんな時には薬物療法も並行して行われる事になります。

糖尿病治療での薬物療法には、インスリン注射と飲み薬の2つがあります。インスリン注射は、体内にインスリンそのものを取り入れることになるので、かなり効き目があります。

飲み薬の場合には、インスリンそのものを取り入れるのではなくて、インスリン分泌を良くしたり、インスリンの効き目を良くするなどの効果があるものです。実際にこのような飲み薬には効果があるのでしょうか。

「実際に2型糖尿病の治療に効果がある薬はあるの?」の続きを読む…

飲み薬での糖尿病治療と正しい飲み薬の使い方

糖尿病治療での基本は食事療法と運動療法になります。それに加えて、飲み薬やインスリン注射の治療があります。飲み薬とインスリン注射は、それぞれの患者の症状に合わせて用いられる治療方法です。

基本的な食事と運動療法に加えて飲み薬とインスリン注射という薬物療法が用いられることになるのですが、ここでは飲み薬はどんな時に開始されるのか、どんな飲み薬があるのかなどをご紹介しましょう。

「飲み薬での糖尿病治療と正しい飲み薬の使い方」の続きを読む…