糖尿病後の血糖コントロールを上手にするポイント

糖尿病と診断された場合、完治が難しいのでそれ以上症状を進行させない事が大切です。インスリンの分泌が減ってしまうため、常に血糖値が高くなるので、血糖値のコントロールを重視します。これは薬物療法食事療法の両方を取り入れますが、これ以外にも運動は欠かせません。

「糖尿病後の血糖コントロールを上手にするポイント」の続きを読む…

糖尿病予備軍を治すために効果的なレシピ

糖尿病予備軍と診断された人は、今の生活習慣と食事を改善しない限り、高い確率で糖尿病になる人です。糖尿病は自覚症状が無く密かに症状が進行していきますので、何らかの症状が出た時にはかなり重篤な合併症を引き起こしている状態となります。

糖尿病が怖いのは合併症が重篤な症状になるからです。糖尿病に限りなく近い状態ではありますが、今からでも改善すれば糖尿病になるリスクは軽減できます。

「糖尿病予備軍を治すために効果的なレシピ」の続きを読む…

糖尿病予備軍になったら和食中心の食事に改善しよう

和食は日本人なら誰もが慣れ親しんだ味なので、特に意識していなくても毎日和食を食べている人は多いと思います。しかし今は食生活の欧米化に伴い、和食ではなく他国の食文化を好んで取り入れている人もいます。好みなどもありますが、食生活の欧米化に伴い以前はなかった病気が増えているのも事実です。

「糖尿病予備軍になったら和食中心の食事に改善しよう」の続きを読む…

糖尿病患者はなぜカロリー制限した食事をするの!?

糖尿病になる人の多くが肥満体型をしています。体脂肪が多い状態は自分が思っている以上に体の様々なところに負担をかけ、ダメージを与え続けている事になります。糖尿病と診断された場合、完治させるのは難しいのでそれ以上悪化しないよう、進行を食い止める事が大切です。

糖尿病でカロリー制限が必要な理由

健康な人でも食後は血糖値が上がりますが、上がり方は緩やかですぐに下がり始めます。これは脾臓から分泌されるインスリンが血糖値をコントロールしているからです。糖尿病の人の多くは肥満体型なため脾臓にも負担をかけ、その働きを阻害してしまいます。

「糖尿病患者はなぜカロリー制限した食事をするの!?」の続きを読む…

糖尿病予備軍と判断されたら夜食は控えよう

1日3回食事をするのは一般的な事ですが、その割合や食べる量によっては肥満を招き、糖尿病などの病気の原因となってしまいます。朝は前日の夜から数時間の間何も食べていないので、1日の始まりは体もエネルギーを必要としていますから少しくらいボリュームのある食事をしても問題ありません。

昼食も午後に備える必要があるので食べても問題ありません。しかし夜は寝るだけなので基礎代謝も下がりますし、夕食を食べているのに夜食まで食べてしまうのは、食べ過ぎです。

「糖尿病予備軍と判断されたら夜食は控えよう」の続きを読む…

食事はゆっくり噛んで糖尿病予備軍を改善しよう

糖尿病予備軍だと言われた場合、まだ糖尿病にはかかっていないものの、そうなる可能性が高い事は否定できません。この場合は青信号ではなく、赤信号になるギリギリの黄色信号だという自覚を持つ事も大切です。

糖尿病の人がそうであるように、糖尿病予備軍の人も多くが肥満傾向にあります。この原因は生活習慣と食事、運動不足が関係していますので、これを改善する必要があります。

「食事はゆっくり噛んで糖尿病予備軍を改善しよう」の続きを読む…

糖尿病予備軍の治療では食事療法が一番効果的!?

糖尿病ではないにしても、糖尿病予備軍だと言われた場合は限りなく糖尿病に近い状態という事です。予備軍だからまだ大丈夫と多くの人が油断しがちですが、実際には危険信号だという事を理解すべきでしょう。今のままの生活を続けていれば、間違いなく近い将来糖尿病になってしまいます。

糖尿病予備軍は食事療法だけでいいの?

糖尿病になると食事療法が必要になりますが、これは予防の意味も兼ねて糖尿病予備軍にも必要な事です。糖尿病や糖尿病予備軍の場合は、そうなった原因が生活習慣と食事にあります。糖質の摂り過ぎは一番の原因なので、糖質制限は欠かせません。

「糖尿病予備軍の治療では食事療法が一番効果的!?」の続きを読む…