週に何回?糖尿病の運動治療で必要な運動の頻度は?

糖尿病で運動療法が大切なことは分かりますが、週にどの位すればいいのでしょうか。毎日するのはきつい、時間が取れないという方もいるでしょうから、必要とされる運動頻度を覚えておくことで、糖尿病とも向き合えるでしょう。

運動は週に何日すればいい?

糖尿病患者が運動する場合、最低でも週3日は行うようにしましょう。なぜ運動日数が週に3日で良いのか、毎日行わなくても良いのかというと、実は運動の効果は持続性があり、糖代謝への効果も1~2日持つと言われているのです。

「週に何回?糖尿病の運動治療で必要な運動の頻度は?」の続きを読む…

運動量が足りない!?糖尿病改善に必要な運動量とは?

糖尿病患者にとって運動は最適な治療方法の一つです。では一体どのくらい運動すれば十分事足りのでしょうか。

運動量はどのくらい確保すれば良いのか

糖尿病で運動療法を取り入れる場合、運動量は1日15~60分と考えてください。なぜ最低15分なのかというと、人間の体は、運動し始めて10分程度はエネルギーの源である血糖値を消費していくからです。体重を減らし、血糖値を安定させるためには脂肪を燃焼させる必要がありますが、この15分と言うのはエネルギーの消費が血糖から脂肪へと変わるタイミングになります。

「運動量が足りない!?糖尿病改善に必要な運動量とは?」の続きを読む…

糖尿病に効果的な運動方法

糖尿病を予防、改善するためには運動が何よりも大切ですが、特にⅡ型糖尿病のコア他派血糖値のコントロールにもつながりますし、体重も減ります。また糖尿病だけではなく老化防止や動脈硬化防止にもつながりますので、心身の健康のためにも運動を取り入れましょう。

糖尿病に用いられる運動療法

糖尿病では酸素をしっかりと取り入れる有酸素運動が必要となります。エアロビクスとも呼ばれる運動方法で、酸素を体に取り入れることで血糖、脂肪の燃焼につながっていきます。ここで糖尿病に効果的なのは、ウォーキングジョギング、サイクリング、水泳と言った、リズムを取りやすい運動です。

「糖尿病に効果的な運動方法」の続きを読む…