不規則な生活を続けていると若くても糖尿病予備軍になる!?

近年、糖尿病にかかる人の内、比較的に若年層の人が増えているそうです。糖尿病というと、高齢者の人がかかるイメージがあるかもしれませんが、実は若いからと言って油断していると危険な病気だと言えます。

では、若くても糖尿病になってしまう原因はどこにあるのかと言うと、不規則な生活です。一般的に若い人がかかる糖尿病と言うと1型糖尿病というイメージがあるかもしれません。しかし、上であげたように若い人が増加傾向にあるのは2型糖尿病です。

「不規則な生活を続けていると若くても糖尿病予備軍になる!?」の続きを読む…

糖尿病予備軍になる主な原因

糖尿病には1型と2型があるのですが、ほとんどの人が2型糖尿病です。この2型糖尿病未満であるけれど、正常な人よりも血糖値が高い場合は糖尿病予備軍と診断されます。

この糖尿病予備軍になる原因ですが、様々なことが複雑に絡み合っていますので、なかなか1つに定めることはできません。しかし、気をつけておきたいことがいくつかありますので、紹介していきます。

「糖尿病予備軍になる主な原因」の続きを読む…

ブドウ糖負荷試験結果で糖尿病予備軍を判断する

糖尿病と判断される目安には血糖値とHbA1cという数値があります。しかし、これらの数値は常に変動するものであり、1回の測定で正常な数値を上回っていたとしてもすぐに糖尿病と診断される訳ではありません。では、何をもって糖尿病と診断されるのかと言うと、ブドウ糖負荷試験というものがあります。ここではブドウ糖負荷試験について考えていきましょう。

「ブドウ糖負荷試験結果で糖尿病予備軍を判断する」の続きを読む…

喉がよく渇くようになったら糖尿病予備軍の予兆!?

糖尿病予備軍と言う言葉があります。これは糖尿病ほどではないけれど、糖尿病に近い血糖値をしている状態のことで、そのまま放置していると近いうちに移行してしまう危険な状態のことです。この糖尿病予備軍になることでいくつかの症状が出るケースがありますので紹介していきます。

「喉がよく渇くようになったら糖尿病予備軍の予兆!?」の続きを読む…

血糖値がグレーゾーンだと糖尿病予備軍!?

糖尿病でそうでないかを判断するために重要なのが血糖値という数字です。糖尿病になってしまうと、体内で糖分を分解するための機能が損なわれてしまうことから、血液中の糖分の数値が高くなります。

この値を示すのが血糖値です。この血糖値ですが、実は糖尿病と判断されるための数値があり、それ以上に高くなってしまうことで診断がくだされるようになります。ここでは血糖値の値について考えてみましょう。

「血糖値がグレーゾーンだと糖尿病予備軍!?」の続きを読む…

健康診断で糖尿病予備軍と判断されるHbA1cの数値は?

ある程度の年齢になってくると、会社で行われる健康診断で糖尿に気をつけた方がいいよ、と言われる人が増えてきます。こうした人は既に糖尿病予備軍になっていると考えた方が良いでしょう。

糖尿病予備軍とは、正規の糖尿病ほど数値は高くないけれど、正常な数値と比較すれば高いというグレーゾーンにいる人たちのことですね。この糖尿病予備軍において気をつけておきたい数値がありますので、紹介してみます。

「健康診断で糖尿病予備軍と判断されるHbA1cの数値は?」の続きを読む…

糖尿病予備軍から正規の糖尿病になる移行率は高い!?

糖尿病になると言っても、ある日いきなり糖尿病になるというケースはほとんどないと考えて良いでしょう。糖尿病には1型と2型の2つの分類があるのですが、ほとんどの場合は2型糖尿病と呼ばれており、生活習慣の乱れ遺伝要因などから引き起こされます。

この場合、血糖値がゆっくりと上昇していくことになるので、正常値よりも高めではあるけれど、糖尿病と診断するほど高くはない予備軍と呼ばれる状態になることがほとんどです。この糖尿病予備軍から正規の糖尿病になってしまう移行率について考えてみます。

「糖尿病予備軍から正規の糖尿病になる移行率は高い!?」の続きを読む…

糖尿病予備軍と糖尿病の症状の違いは?

現代の日本では糖尿病にかかる人がとても多くなっています。その多くは2型糖尿病と呼ばれるものになるのですが、この予備軍ともいわれる人たちは全国でおよそ700万人以上いるのではと考えられているそうです。

それだけ多くの人が判断される糖尿病予備軍ですが、本当の糖尿病とはどんな症状の違いがあるのかを考えていきましょう。

「糖尿病予備軍と糖尿病の症状の違いは?」の続きを読む…

糖尿病の一歩手前の糖尿病予備軍とは?

現代の日本人は食生活が大きく変わったことなどもあり、糖尿病になる人が増えてきています。糖尿病とは生活習慣病の1つであり、血液中のブドウ糖の数値が正常な人よりも高いことを示す病気ですね。

基本的に自覚症状もないことから、発見が遅れてしまいがちであり、気づいた時には重症になっていたという話も珍しくありません。そんな怖い病気である糖尿病ですが、実は予備軍と呼ばれる人たちも多くいるのです。

「糖尿病の一歩手前の糖尿病予備軍とは?」の続きを読む…