朝食を抜くと昼食の血糖値が上がりやすくなって糖尿病になりやすい

糖尿病は、血液の中にある糖分の量が多くなることで起こる病気ですが、発症してしまう原因の多くは食べ過ぎや偏食などの食生活の乱れによって起こるものと言われています。

通常、私たちの体は血液中の糖分が多くなるとインスリンがすい臓から分泌されエネルギーへと変換されるのですが、血液の中の糖分が多い状態が続くことによってすい臓は常にフル回転で働き続けます。そうするとすい臓は疲れてしまい適切なインスリンの分泌ができなくなってしまい糖尿病となってしまいます。

「朝食を抜くと昼食の血糖値が上がりやすくなって糖尿病になりやすい」の続きを読む…

β-クリプトキサンチンを含んだミカンを食べて糖尿病を予防する!

β-クリプトキサンチンは、カロテノイドの一種でカロテノイドの中でもキサントフィルに分類されています。このβ-クリプトキサンチンは、だいだい色の色素としてミカンに含まれています。

ミカンの中でも温州みかんに多く含まれていて、1日1個の温州みかんを食べれば、私たちに必要なβ-クリプトキサンチンを摂取することができると言われています。

β-クリプトキサンチンは、糖尿病はもちろんですが、骨粗しょう症や免疫力などの病気の予防にも効果があると言われています。β-クリプトキサンチンは、カロテノイドの一種と言っても、そのカロテノイドはどういうものなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。カロテノイドは、天然の植物や動物に存在する色素のことで、様々な色を発するのに必要なものなのです。

「β-クリプトキサンチンを含んだミカンを食べて糖尿病を予防する!」の続きを読む…

糖尿病予防にはカフェインが効果的!?

コーヒーには糖尿病によい効果があると言われることがあり、この情報は一時期話題になっていたのですが、厳密に言うとコーヒーの糖尿病への作用は発症前に有効だということだとされています。つまり、糖尿病の予防にはコーヒーがよい効果を持っていると考えられるということになるのです。

カフェインを含んでいるコーヒーは脂肪の消費をうながすため、肥満の解消ができたり、肥満になりにくくすることが可能だと考えられています。肥満は糖尿病の原因のひとつとされているものなので、肥満を解消させるためにもカフェインを摂取してから適度な運動を行うなどの工夫をすることをおすすめします。

「糖尿病予防にはカフェインが効果的!?」の続きを読む…

白米から玄米に変えて糖尿病を予防しよう

米は炭水化物を多く含んでいるものなので、糖尿病の予防や改善を考えた食事をする時には摂りすぎには注意しなければならないと言われています。食べすぎてしまうと血糖値が上昇してしまい、コントロールができない状態になってしまうからです。

「白米から玄米に変えて糖尿病を予防しよう」の続きを読む…

糖質の多い食品の摂取は避けて糖尿病を予防

お菓子などが好きだという人は糖質が多く使われている食品を急に食べないようにしようと思っても難しいことがあると思われますが、糖尿病を予防しようと考えている時でも、絶対に糖質を含んでいるものを食べてはいけないということではないので、まずは量を調節することを考えましょう。

また、お菓子類だけをチェックしているだけでは糖質の多い食品を避けきれないことがあるので注意してください。

「糖質の多い食品の摂取は避けて糖尿病を予防」の続きを読む…

食物繊維を採ってて糖尿病を予防する!

現代人に不足しがちなものとして食物繊維が挙げられるのですが、食物繊維は糖尿病をはじめとする生活習慣病や便秘などの腸のトラブル、肥満などに効果があるという大切なものです。

食物繊維とはどのような働きをするのか

食物繊維には大きくわけると、水溶性食物繊維という水に溶けやすい性質を持っているものと、不溶性食物繊維という溶けにくい性質を持っているものがあります。水溶性食物繊維には、血圧や血糖値の上昇を抑えてコレステロールを下げるといった働きが期待されているほか、便に水分を含ませて便通をよくするという効果があるとされています。

「食物繊維を採ってて糖尿病を予防する!」の続きを読む…

緑黄色野菜の摂取量が増えると糖尿病のリスクを減らせる!?

緑黄色野菜は人間の体に重要な働きをする栄養素を多く含んでいるため、しっかりと食べることが求められています。主にビタミンミネラル食物繊維を摂ることができるものですが、淡色野菜よりも緑黄色野菜の方がこれらの栄養素が豊富に含まれているとされています。

人間は自分でビタミンやミネラルを作ることがほとんできないため、野菜を食べることが健康や美容のために重要だとされています。

「緑黄色野菜の摂取量が増えると糖尿病のリスクを減らせる!?」の続きを読む…

糖尿病を予防するなら1日に120g以上の緑黄色野菜を食べよう!

野菜を中心にした食事は、糖尿病だけでなくほかの病気の予防やダイエットなどにも役立つので非常に重視されています。多くの栄養素が含まれている野菜は、体の中で様々な役割をしていて、ビタミンCは皮膚や骨、血管や筋肉を丈夫にするためにも必要とされています。

また、ビタミンAには生活習慣病の原因となる活性酸素の除去の作用があるとされていますし、カリウムには血圧の上昇を抑える効果などが期待できます。

「糖尿病を予防するなら1日に120g以上の緑黄色野菜を食べよう!」の続きを読む…

甘いものや油っぽい食事を避けて糖尿病を予防しよう

糖尿病でよく言われていることとして甘いものを避けるという食事の仕方で予防や改善をする方法が挙げられます。食事療法のひとつとしても甘いものを避けるということは実際に行われているもので、大変重要なことです。

「甘いものや油っぽい食事を避けて糖尿病を予防しよう」の続きを読む…

脂肪を減らした食事に改善して糖尿病を予防しよう!

食事の栄養に気をつけることは糖尿病の予防の基本で、特に脂肪分の摂りすぎに注意することが必要だと言われています。甘いものや炭水化物だけでなく、脂肪分が多い食事を多くしていることも糖尿病を発症する原因となってしまうため、摂りすぎにならないように気をつけておきましょう。

「脂肪を減らした食事に改善して糖尿病を予防しよう!」の続きを読む…