糖尿病になると最も発病しやすい「3大合併症」とは

糖尿病が怖いのは合併症があるからといっても過言ではありません。合併症にも種類がありどのような症状が出るかは個人差もありますが、合併症は全身の至るところに症状が出る可能性があり、自覚できないので放置してしまい重篤化しやすいのが特徴です。放置してしまい症状が悪化するほど命に関わるので注意するに越した事はありません。

糖尿病の3大合併症

糖尿病での合併症には慢性合併症と急性合併症がありますが、その多くが慢性合併症です。慢性合併症の中でも神経障害、網膜症、腎症の3大合併症は特に注意が必要です。

糖尿病による合併症は他にもいくつかありますが、3大合併症は日常生活にも支障が出る恐ろしいものです。神経障害は初期に出る合併症ですが、自覚できない事が多いので気づいた時には症状がかなり進行している事も珍しくありません。

手や足指の痺れから始まりますが、神経障害のため痛みを感じません。どこかにぶつけたり傷ができたりしても気づきにくく、壊疽が始まると症状はやがて全身に広がるので手足の切断を余儀なくされます。

網膜症は目の病気ですが、糖尿病の合併症になると失明のリスクが高まります。腎症は腎臓の機能に問題が生じ、尿の毒素を分解排出できなくなるので、透析が必要になります。透析をしないと毒素が全身に周り死亡する事がもあるので、一生人工透析が必要になります。

3大合併症の予防について

糖尿病になったからといって必ず3大合併症になるとは限りません。早い段階で自分が糖尿病だと知っていれば、治療をしながら生活習慣を改善し3大合併症のリスクも軽減できます。糖尿病になる人の特徴として肥満体型やメタボ体型があります。

太り気味の人は糖尿病のリスクが高いので、ダイエットも始めましょう。運動不足も糖尿病の原因になるのでダイエットも兼ねて毎日続けられる運動も取り入れていきましょう。一度発症すれば怖い糖尿病の3大合併症も、予防が可能なのは唯一の救いです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ