高血糖の状態が長引くと細小血管障害を引き起こす!?

糖尿病における合併症の中でも代表的なのが、3大合併症と呼ばれる神経障害、腎機能障害、視覚障害です。この3つの合併症ですが、いずれにしても血管障害が起こることで発症するものとなります。

血管障害を伴う糖尿病の合併症には大血管障害と細小血管障害の2つがあり、この内、3大合併症が属するのは細小血管障害です。ここでは細小血管障害について考えていきましょう。


高血糖状態が続くことで細小血管障害を起こしてしまうものなの?

糖尿病の特徴は自身の血糖を上手くコントロールできなくなることにあります。この高血糖の状態というのは血管にとって非常に良くないものだと言って良いでしょう。

何が良くないのかと言うと、動脈硬化に発展してしまうリスクがあるからです。動脈硬化になることで、血管の内側が狭くなり、血管そのものが脆くなります。結果、血管が詰まったり、破れたりするのです。

この血管の破れや詰まりが微細な血管で起こることを細小血管障害と呼びます。ちなみに大血管障害とは大きな血管で同じことが起こることですね。

この細小血管障害が起こってしまうことで起こるリスクは、視覚障害の場合だと糖尿病網膜症として起こり、最悪のケースでは失明してしまいます。神経障害では身体の末端が壊疽を起こしてしまったり、腎機能障害では人工透析を行うことになるので、非常に厄介な合併症だと言えるでしょう。

細小血管障害を予防するにはどうしたら良いのだろう?

細小血管障害を予防するには、ともかく血糖値を上手くコントロールしていくしか方法はありません。基本的には運動療法と食事療法を利用し、時には薬物療法に頼ることもあるでしょう。

糖尿病とは完治することがない病気でもありますので、常日頃から血糖値のコントロールをするために健康的な生活を心がける必要があります。

この健康的な生活ですが、糖尿病の合併症を予防する以外にも他の生活習慣病を予防することができるものです。ですので、そこまで深刻に考えるのではなく、自身の健康のために生活をしていくというのを意識してみると良いかもしれません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ