手足が腐食!?糖尿病患者は手足を目で見る習慣をつけよう!

糖尿病の合併症の中でも見た目のインパクトがあるのは、手足が腐食してしまう神経障害です。神経障害では末梢神経と自律神経の働きが阻害されることから、様々な悪影響が出てしまいます。

その中で最も注意しておきたいのが、手足が壊疽してしまうというものですね。ここでは神経障害の中でも手足が腐ってしまうことについて考えていきます。


糖尿病で手足が腐食してしまうことって本当なの?

糖尿病における合併症の1つに神経障害があります。この神経障害の最も代表的な症状が手足のしびれです。これは神経の内でも感覚神経が阻害されることから起こっているものであり、最も早く出る合併症でもあります。

ある程度の年齢の人だと手足の痺れは年齢からくるものだと誤解してしまいがちです。しかし、実際には糖尿病の合併症であるということも多く、気づいた時には感覚が麻痺してしまっている可能性もあります。

この糖尿病神経障害が起きてしまうのは、身体の末端にある微細な血管が詰まることによって、神経や細胞が死にかけているという状況かもしれないのです。

結果、充分に栄養や酸素を得られないことから細胞そのものの免疫力が低下してしまい、ちょっとした傷が起きても細菌感染を起こしてしまうリスクが高まるのです。また、神経が麻痺していることから普段なら痛みで解るようなケガも見逃してしまうことがあり、これも細菌感染を起こしやすくなる理由の1つだと言えます。

手足の腐食を防ぐには、自分でケガをしていないかしっかりと確認しよう

傷口が細菌感染することで、いきなり壊疽するということはありませんが、リスクとしては少ないながらもあるものです。ですので、手足の腐食を防ぐには自分でケガに気づくことが最も簡単な方法だと言えます。

特に入浴時など身体を洗う時のついでに確認するようにしておくと、面倒なこともないでしょう。血糖値のコントロールを行うことで合併症を予防することも大切ですが、他にもビタミンB12を摂取するというのも方法の1つです。ビタミンB12には神経を維持する働きがあるので、積極的に摂取すると良いかもしれません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ