糖尿病の合併症が現れる順番と潜伏期間

糖尿病の治療を考える時に、絶対に忘れてはいけないのが合併症です。糖尿病は様々な合併症が起きることで知られており、それぞれに特徴が違ったり、潜伏期というものが存在します。ここでは糖尿病の合併症が現れる順番や潜伏期間にスポットをあててみましょう。

糖尿病の合併症が起こる順番や潜伏期間っていったい何のことなの?

糖尿病の合併症といっても三大合併症を初めとして色々なものがあります。ここでは三大合併症に絞って、その順番や潜伏期間を考えてみます。


まず最も早く起きるとされるのが神経障害です。合併症としての潜伏期間はないと言っても良く、初期症状の段階で発症するケースも珍しくありません。糖尿病は初期段階では自覚症状に乏しいとされていますが、神経障害だけはその例外かもしれません。

神経障害の初期症状としては手足が痺れてしまうということで、末梢神経の働きが阻害することで起こっていると考えて良いでしょう。また、自律神経にまで影響が出てしまうと、便秘や下痢などが起きてしまいますので、何らかの異常を感じたらすぐにでも医師に相談してください。

次に視覚障害である糖尿病網膜症ですが、初期には自覚症状はほとんどなく、潜伏期間としては数年あると考えられています。少しずつ眼底部分に出血があり、それが原因となって視力低下を招きます。

また、白内障や緑内障などの疾患を発症させることもあり、最悪のケースでは失明してしまうと考えてください。自覚症状が出てきた段階から、進行するスピードが速くなることでも知られていますので、こちらも小まめに検査をした方が良いでしょう。

最後に腎機能障害ですが、この合併症も長い潜伏期間があります。初期はほとんど自覚症状もなく、症状は静かに進行していきます。最終的には人工透析をすることになるので、早期発見早期治療は必須です。

糖尿病の三大合併症が現れる順番

  1. 神経障害
  2. 視覚障害
  3. 腎機能障害

糖尿病の合併症が発症したらどうすれば良いの?

合併症が発症した場合は、すぐにでも医師と相談するようにしてください。合併症の治療は基本的に早期発見早期治療が望まれるのですが、必ずしもそうなる訳ではありません。ですので、少しでも早く治療に入るためにも、これって合併症かもと思えばすぐにでも相談して、検査をするようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ