糖尿病腎症の症状は5期に分けられる

糖尿病腎症は症状の進行度によって5期に分けて考えられているもので、進行度が低いものが第1期、2期、進行してしまったものが4期、5期というようになっています。

それぞれの糖尿病腎症の診断は、尿にタンパクたどの程度出るかということで判断するようになっていて、この点はほかの糖尿病の合併症である糖尿病網膜症や壊疽のように見てすぐに状態がわかるというものとは異なります。


5期に分けられる糖尿病腎症の症状

第1期の糖尿病腎症は腎症前期とも呼ばれ、尿の状態はほぼ正常であることが特徴です。糖尿病腎症が第2期になると微量のタンパクが尿に出るようになり、早期の腎症だと判断されます。

持続的にタンパク尿が出始めると第3期と判断され、やがて腎不全をともなう第4期へと移行していきます。腎不全を起こし、尿毒症などが出てきた場合には人工透析での治療が必要となりますが、この段階は第5期とされ、もっとも重い糖尿病腎症の段階とされています。

それぞれの段階での糖尿病腎症への治療とは

5期に分けられている糖尿病腎症の進行度に対して、それぞれの段階では異なる治療方法や対策を行うようになっています。第1期の糖尿病腎症では、血糖のコントロールを行うだけでも十分に症状が悪化してしまうことを食い止められると考えられています。

もっと厳しく血糖をコントロールすることが求められるのが第2期とされ、血糖コントロールと同時にタンパク制限食を摂るようにするように対策を行うのが第3期となってきます。

第3期と第4期では降圧療法を行ったり低タンパク食に切り替えることも行われることがあり、第4期では、体の状態によって人工透析を行うこともあります。

糖尿病腎症の第5期になった場合には、腎不全を引き起こしているため、人工透析での治療が必要となってきます。このように5期に分けられている糖尿病腎症のそれぞれの段階の特徴や治療法、対策はしっかりと調べておき、早期発見と早期治療につなげられるようにしておきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ