糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」について

糖尿病には腎臓に起きる糖尿病性腎症という合併症があり、失明や足先の壊疽だけでなく、注意しておかなければならないとされています。

腎臓に障害を引き起こしてしまう糖尿病性腎症は、最悪のケースでは人工透析を受けなければならなくなるという病気です。人工透析の必要がある場合、個人差はあるものの、週に3日、数時間かけて治療を行うことになります。


糖尿病の合併症で起きる糖尿病性腎症とは

糖尿病にともなう糖尿病性腎症は、高血糖が原因で腎臓がしっかりと機能しなくなるという病気です。本来、老廃物などをろ過しながら血液をきれいにしたり、尿を作るという重要な役割をしている腎臓ですが、糖尿病で腎臓が機能しなくなると老廃物などがそのまま体を巡るようになってしまいます。

当然健康に悪影響を与えてしまうことになり、毒素の影響でこん睡状態を引き起こすこともあるとされています。それだけ糖尿病性腎症という糖尿病の合併症は恐いものなので、発症しないように注意しておきたいものです。

糖尿病性腎症が起きるメカニズムについて

腎臓が弱ってしまうことが糖尿病の合併症として糖尿病性腎症を発症する原因だと言われていますが、なぜ糖尿病を起こすと腎臓に影響が出てしまうのでしょうか?

ろ過をするために糸球体という細かな血管があることが腎臓の特徴で、糸球体はざるのように老廃物と体に必要なタンパク質、赤血球や白血球などをわけるようになっています。

しかし、糖尿病になると糸球体の網目が大きくなってしまい、うまくろ過が行われなくなってしまいます。高血糖の状態が続くことで糸球体の血管がつまってしまったり、糖分の多い血液でダメージを与えてしまうということが見られるようになります。

このようにダメージが加わってしまうことで糸球体がろ過をうまくできなくなってくると、腎臓の働きが低下してしまい糖尿病性腎症を発症してしまうと考えられています

糖尿病の合併症のひとつである糖尿病性腎症は、高血糖だけではなく肥満体型であることや高タンパク、ストレスの溜まりすぎなども関係しているとされています。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ