糖尿病にかかると高血圧になって合併症が発病する!?

糖尿病は高血圧になりやすいと言われている病気で、患者の半数以上が高血圧の症状を抱えているとされています。

どちらも自覚症状を感じにくく、重症化しやすいという特徴があるため、普段から注意して生活することが大切です。糖尿病での高血圧は進行してしまうと合併症を引き起こす原因となってしまい、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などを起こすこともあります。


糖尿病になると高血圧を起こしやすい

高血圧を起こしてしまう原因は、糖尿病で高血糖になることやインスリン抵抗性という状態に陥ることで血液量が増えることが理由だとされています。

また、糖尿病の患者には肥満体型の人が多く、肥満が原因で高血圧を起こしていることも考えられているので、体重管理をしっかりと行う必要もあると言われています。血圧を少しでも下げるためには肥満を解消させるとともに、塩分を摂りすぎないような食事内容に切り替えることなどが必要となります。

高血圧による糖尿病の合併症について

糖尿病で高血圧になってしまうことでは、どのような合併症が引き起こされてしまうのでしょうか?実は糖尿病と高血圧が合併して起きている場合には、動脈硬化の進行が早いということがわかっています。このことから考えられることには、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞といった命に関わる病気を引き起こすリスクが高まることが挙げられます。

また、細かな血管がダメージを受けるようになってしまうため、血管に関係する障害が体のいろいろな部分で起きるようになってしまいます。

糖尿病性網膜症という失明を招く可能性がある病気を合併したり、足のしびれや感覚が鈍くなる症状、また傷からの壊疽を起こす糖尿病性神経障害という病気や糖尿病性腎症という人工透析を必要とする病気になる可能性も高くなってしまいます。

このようなことが起きないようにするためにも、血管に負担が大きくかかってしまう糖尿病にはきちんと予防と対策をしておくことが必要です。高血圧も糖尿病の合併症としてはとても多いものなので、日常生活の中での対策を考えておきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ