糖尿病網膜症になると目が見えなくなる!?

糖尿病の合併症が目に起きてしまった場合、最悪のケースでは失明してしまうことがあります。

糖尿病の合併症で目が見えなくなる

目に起きる合併症としては糖尿病網膜症という症状が挙げられるのですが、この症状になった場合には初期段階で治療することがとても重要だとされています。

人間の目はカメラでいうとレンズの役割を水晶体が果たし、フィルムの役割を網膜の部分が果たすという構造になっているのですが、糖尿病で高血糖の状態が長く続いていると、合併症として糖尿病網膜症を起こし、網膜の部分に出血や白斑などが見られるようになってきます。


視力低下や視野の異常などを感じることがあるのですが、自覚症状が現れるのは症状がかなり進行してからになってしまうため、糖尿病になった場合、または血糖値が高めだと指摘された場合には、糖尿病網膜症を起こさないように目の検査を定期的に受けるなどのケアをしっかりと行うことが大切だと考えられます。

糖尿病網膜症には十分に注意しておこう

目が見えなくなってしまう可能性を持っている糖尿病の合併症である糖尿病網膜症は、初期段階では自覚症状がないということが特徴でもあります。

しかし、早期発見、早期治療を行うことでかなりの確率で治すことができると言われているものでもあるため、こまめに検査を行いましょう。もしも糖尿病網膜症を合併症として発症しても、治療法がまったくないということではありません。

レーザー治療や外科的な手術を行うことも可能とされているものなので、まずは医師としっかりと相談をして治療方針を決めていくことが大切です。

もっとも避けるべきなのは、そのまま放置してしまうということで、少し視力が低下した程度だろうと自己判断などをしないように気をつけておきましょう。視力の低下などがあった場合には、糖尿病網膜症はかなり進行していることが考えられるので、早急に治療を行わなければ目が見えなくなる可能性が非常に高くなってしまいます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ