糖尿病の合併症「糖尿病性網膜症」について

糖尿病には糖尿病性網膜症という目に関係する合併症が引き起こされる危険性があります。目に起きる糖尿病の合併症はとても深刻だと言われていて、失明する可能性があるとも言われているものです。非常に危険とされる糖尿病性網膜症は、糖尿病の患者の内の50%が発症するとされています。


糖尿病の合併症の糖尿病性網膜症とは?

糖尿病性網膜症は大きく3段階にわけて考えられているもので、進行度合いによって単純性網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症と呼ばれます。単純性網膜症は網膜の細かな血管がもろくなったり、つまったり出血することなどで起きるものです。自覚症状があまりないのですが、この段階で発見して早期に治療できれば自然に治ると言われています。

前増殖網膜症は血管のつまりなどから死んでしまう血管が増え、新しい血管ができる過程でその血管から出血してしまうことなどが原因で起きるものです。

この場合にも自覚症状はほとんどないのですが、治療することで高確率で治すことができると言われています。ただし、増殖網膜症になってしまうと、網膜はく離の可能性が高くなってきて、視力低下などの自覚症状も出てきます。手術などを行うことは可能ですが、最悪の場合には失明してしまうとされています。

なぜ糖尿病性網膜症が起きてしまうのか

糖尿病による糖尿病性網膜症という合併症が起きてしまうのは、主に血液の流れが悪くなるということが原因だと言われています。

高血糖の状態が続いていると、網膜に必要な酸素や栄養が運ばれなくなってしまうだけでなく、血糖値が高いことで硬くなる性質がある赤血球が血管をつまらせてしまうことがあるのです。

網膜の血管がつまってしまうと、その周辺ではつまった部分がこぶのようになったり、出血が起きたりするようになります。やがて新しい血管を作って栄養などを得ようとするようになるのですが、新しい血管は非常にもろいという特徴があるため、出血を起こしやすく網膜にダメージを与えてしまうのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ