糖尿病網膜症になると視力障害を来す!?

糖尿病は目に合併症を引き起こすことがあるとされていて、症状は糖尿病網膜症と呼ばれており、最悪の場合には失明してしまうことがあると言われています。

糖尿病の合併症はほかにも多くありますが、糖尿病網膜症がどのようなものなのかを理解し、できるだけ予防や早期の段階での治療ができるようにしておくことは大切です。


糖尿病で起きる糖尿病網膜症とは

糖尿病になると網膜周辺の細かな血管が高血糖の影響でつまることがあり、出血や白斑など起きるようになります。初期の段階では回復しやすいのですが、自覚症状がほとんどないという特徴があり、視力の低下などの症状を感じる頃には進行していることが多く見られます。

症状が進んでしまった場合、糖尿病網膜症はレーザー治療や手術をしなければならなくなり、それでも失明してしまうという危険性を持っている病気なのです。糖尿病になった時には、目の検査は定期的に受けるようにして注意しなければいけません。

糖尿病網膜症は視力障害の原因になる

糖尿病網膜症は視力に影響を与える部分に出血や白斑ができることもあり、視力障害を引き起こすことがあります。

初期には自覚症状があまりないため、視力の低下などを感じにくいということがありますが、病状が進行するとともに、視力の低下、視野の異常などを感じるようになるとされています。

しっかりと治療することで進行を抑えることができる場合もあるのですが、視力障害が残ってしまったり、進行を食い止められずに失明してしまうという可能性がなくなるわけではありません。

糖尿病の合併症として引き起こされる糖尿病網膜症については、高血糖の状態が長く続くことが非常に悪い影響を与えるため、血糖値のコントロールを適切に行うことがポイントになります。

高血糖の状態を放置したり、糖尿病の治療をきちんと行わずにいると糖尿病網膜症を合併し、視力障害を起こすリスクは高まってしまうと考えられているため注意しておきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ