長期間糖尿病を放っておくと糖尿病網膜症になる確率が上がる!?

糖尿病は早期発見、早期治療をすることが大切だと言われていて、長期間放置してしまうと様々な合併症を引き起こし、深刻化してしまうとされる病気です。中でも失明の危険をともなう糖尿病網膜症という合併症は、糖尿病を放置してしまうことでどんどん進行してしまうことがある症状です。


長期間糖尿病を放っておくと糖尿病網膜症になる

糖尿病網膜症は高血糖の状態が長く続いてしまうことで、血管にダメージが加わり、網膜に必要な酸素や栄養が届かなくなることなどが原因で起きると言われています。

血液の流れが悪いことが関係しているのですが、最初は自覚症状がないことが特徴で、徐々に視力の低下や視野の異常を感じるようになります。放ったままにしてしまうと、失明してしまうということがあるため、糖尿病になってから視力などに変化があった場合には注意しておかなければいけません。

視力障害を起こす糖尿病の合併症、糖尿病網膜症とは

合併症として糖尿病にともなって引き起こされる糖尿病網膜症は、徐々に進行していくことが特徴です。そのため、ものの見え方や視力に異常があるにもかかわらず放ったままにしてしまうと状態はどんどん症状を悪化させてしまいます。

最初の頃は単純網膜症と呼ばれ、それほど深刻な状態ではないことから血糖値をコントロールすることなどで自然に治すことが可能だと言われています。

しかし、進行してしまい、前増殖網膜症、増殖網膜症などになってしまうと、レーザー治療や手術をしなければ治らないということもあり、最悪の場合には治らずに失明してしまうということが起きてしまいます。

糖尿病での合併症で目に起きる病気は、糖尿病網膜症だけではなく、ほかにも白内障や血管新生緑内障というものも挙げられます。どちらも重症化してしまうと手術が必要となったり、失明してしまう危険性が高い目の疾患なので、糖尿病になってしまった時には、必ず目の検査を定期的に受けるようにして、視力の異常を放置しないようにしてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ