網膜症は自覚症状がなく静かに進行する!?

糖尿病網膜症という目に関係している糖尿病の合併症があるのですが、この病気は進行度が3段階にわけられています。初期の段階である単純網膜症は、高血糖が原因で網膜にある細かな血管がつまったり出血を起こすこと、白斑ができることなどが特徴です。


糖尿病網膜症には進行度がある

早期発見で単純網膜症は自然に治すことができると言われていますが、進行してしまった前増殖網膜症では、レーザー治療が必要となります。

前増殖網膜症はつまった細かな血管が死んでしまい、その代わりに新しい血管を作ろうとした結果、新しい血管から出血してしまうということによって起きることがあるものです。

さらに症状が進んだ場合、増殖網膜症という段階の糖尿病網膜症が引き起こされます。新しくできた血管が水晶体に侵入してしまい、そこで出血を起こしたり、網膜の上に膜ができたりしてしまい、網膜はく離の原因となってしまいます。

この段階になると、レーザー治療のほかにも硝子体の手術などを行う必要があるケースが見られますが、最悪の場合には失明してしまうと言われています。

静かに進行する糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は自覚症状があまりないと言われているものなので、初期段階で発見できないことがあるとされています。

特に、初期の単純網膜症や、前増殖網膜症などは視力の低下や視野の異常などを感じないということもあり、症状が静かに進行すると考えられます。視力の低下や視野の異常を感じた時には、既に糖尿病網膜症がかなり進行しているというケースは珍しくありません。

自覚症状があると言われているのは増殖網膜症になった段階が多いため、レーザー治療や手術を行わなければならないことが多いともされています。

また、この段階になってしまうと失明してしまうリスクも非常に高くなるため、糖尿病になった場合には、視力検査などをこまめに受けるようにして、早期治療ができるように日頃から注意しておくことが必要だと考えられます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ