糖尿病の合併症「糖尿病性神経障害」について

糖尿病の合併症の中で、比較的初期症状を感じやすいものとして取り上げられるものが糖尿病性神経障害です。

ほかに合併することがある糖尿病性網膜症糖尿病性腎症などは初期には自覚症状がないまま進行してしまうとされていますが、糖尿病性神経障害は、手足のしびれや痛みなどがあったり、逆に感覚が鈍くなるなどの症状があることが特徴です。


糖尿病の合併症で起きる糖尿病性神経障害とは

神経に異常が起きて障害を引き起こすものが糖尿病性神経障害と呼ばれるものですが、糖尿病の場合には末梢神経に影響が出てくると言われています。

運動神経、知覚神経、自律神経などに影響が出るため、しびれや感覚の異常、体のバランスのキープが困難になることや体調不良などが頻繁に起きるようになります。

痛みを感じにくいため、やけどや怪我などで負った傷に気づかず、そのままにしてしまうことが原因で壊疽を起こすことにもつながるケースが見られるので注意が必要とされています。

糖尿病性神経障害は様々な症状を引き起こす

糖尿病性神経障害で運動神経に障害が起きると、手足を動かしにくくなり、細かな作業が難しくなるという状態が起きてきます。

また、知覚神経に障害が起きた場合には、手足にしびれが出たり、熱さや冷たさ、痛みを感じにくくなることがあります。逆に痛みが起きていない状態と考えられる状況で、痛いと感じるような感覚の異常が起きることもあります。

そして自律神経に影響が出た場合には、目をつむってその場で足踏みをすると移動してしまったり、直立している状態をキープできないということが起きてきます。

同時に自律神経が司る内臓の機能などが低下することがあり、胃もたれ便秘や下痢などの症状、また発汗異常や立ちくらみなどの症状が頻繁に現れるようにもなってくると言われています。

糖尿病にかかっている場合に、手足にしびれを感じたり、感覚が鈍くなるようなことがあったら糖尿病性神経障害を合併している可能性が高いと考えられます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ