糖尿病神経障害の最も典型的な症状とは?

糖尿病で引き起こされる糖尿病神経障害には、初期の段階から自覚症状があるとされています。典型的な症状と言われるものに手足、特に足の裏のしびれが挙げられ、足の裏に紙が一枚貼りついているような感覚がしたり、裸足であるにもかかわらず、靴下を履いているように感じることもあると言われます。


糖尿病の合併症の糖尿病神経障害の症状は?

このような感覚がするのは、糖尿病に合併する糖尿病神経障害が知覚神経に障害を起こしていることと関係があります。

徐々に手の指などもしびれを起こしたり、痛みを感じにくくなることが出てくるので、進行しないうちに治療を開始することが必要となります。

また、怪我をした時に痛みを感じにくくなっていることから、傷に気づかず化膿することなどが多く、患部が壊死、壊疽を引き起こすこともあり、切断しなければならなくなるというケースもあるため、糖尿病神経障害を合併した時には、毎日手足の先などに怪我をしていないかをチェックする必要があります。

このような症状が出たら糖尿病神経障害に注意しておこう

糖尿病神経障害は知覚神経だけに障害が起きるだけではなく、そのほか、運動神経や自律神経にも障害が引き起こされてしまうという病気です。運動神経に障害が出た場合には、細かな手作業ができなくなることなどが増えてくるので気づくことができます。

また、自律神経の障害が起きた時には内臓の不調があり、下痢や便秘、発汗の異常、立ちくらみなどの症状も引き起こされるので、サインとして受け止めましょう。

ほかにも、自分の体のバランスをうまくキープできないといったことや足がつるといった症状が見られることがあります。このような症状が多く現れるようになったら、まず糖尿病神経障害を疑いましょう。

特にすでに糖尿病を患っている場合や、血糖値が高めだと指摘されている場合には、これらの症状がある場合には十分に注意しておかなければならないと考えられます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ