糖尿病神経障害になると運動神経や自律神経に障害が!?

糖尿病神経障害とは糖尿病における3大合併症の中でも、最も起こりやすいものとして知られています。神経障害と名がつくように基本的には神経に関する疾患を引き起こすものだと考えてください。

この糖尿病神経障害で変質する神経は大きく分けて2つです。1つは末梢神経であり、もう1つは自律神経です。ここではこの神経の阻害について考えてみます。


糖尿病神経障害になることで運動神経が阻害されてしまうの?

糖尿病神経障害で阻害される神経は2つあると書きましたが、運動神経が該当するのは末梢神経の方です。

末梢神経の役割も大きくは2つあり、1つが痛覚や温感を司っている感覚神経で、もう1つが手足を動かすことになる運動神経になります。ですので、ここでいう運動神経とは一般的に使われる運動全般を司るものではなく、単純に手足を動かすための伝達器官だと考えてください。

血糖値が高い状態が維持される糖尿病になってしますと、手足の末端にある感覚神経から異常が発生することが多くあります。指先がじんじんと痛んだり、痺れたりするのが良くある症例ですね。

この感覚神経の異常がさらに進んで行くと運動神経にも障害が出るようになってきます。具体的な症状としては筋肉をうまく動かすことができなくなったり、麻痺を起こすことで表情を作ることができなくなったりします。

糖尿病神経障害における自律神経障害とはどんな症状が起こるものなの?

自律神経とは端的に書いてしまうと、自分の意志とは無関係に働く機能を正常に運営するためのものです。この自律神経に障害が起こってしまうと、身体の様々な部分に異常が起こってくると考えることができます。具体的には体温調節が上手くいかなくなったり、性欲が極端に低下してしまったり、排尿が困難になったりなど多くの症状が出てくるそうです。

また、普段であれば何かしら身体に異常が起こると警告としてのサインが出るのですが、糖尿病神経障害により自律神経が阻害されると警告を出すことができなくなります。そのため重篤な症状を引き起こしていても本人は無自覚であり、結果的に処置が遅れてしまい、手の施しようがない状態になるのも珍しくはありません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ