糖尿病になる主な原因にはどんなものがある?

血糖値を下げる働きがあるホルモンのインスリンが膵臓から正しく分泌されない、または分泌される量が足りていない、きちんと作用しない、ということが原因で慢性的な高血糖になる病気のことを糖尿病と言います。糖尿病になる主な原因ときちんと把握して、毎日の生活を見直すことが糖尿病治療では最も大切なことです。


糖尿病の主な原因は・・

糖尿病には種類があり、1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病の場合には、膵臓がインスリンをほぼ作らない状態になるために、インスリン量が絶対的に不足して起こる糖尿病になります。

遺伝や環境などが原因ではないかと言われている1型糖尿病ですが、きちんと解明されていないのが現状のようです。2型糖尿病が一般的に言われる糖尿病のことで、大半の人がこちらの2型糖尿病で、日本人の糖尿病患者の95%を占めています。この2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加と運動不足による肥満です。

肥満以外では、遺伝や環境、加齢やストレスなども挙げられます。つまり最も根本的な原因は、必要以上の栄養を取り過ぎていることと、運動が不足していることです。摂取エネルギーが多くて消費エネルギーが少ない状態が続けば当然、脂肪が蓄積されて肥満になります。

肝臓に脂肪が蓄積される脂肪肝になり、インスリンの機能がうまく働かなくなり、脂質代謝異常や血糖値の異常が見られるようになります。その結果、動脈硬化を引き起こし、そして糖尿病になってしまうのです。

食べ過ぎと運動不足が糖尿病を加速!

食事をすれば、血糖が上がるのは当然のことですが、この血糖をコントロールしているのはインスリンだけではなくて、筋肉の中に取り込まれてエネルギーとして消費されたり、脂肪細胞に取り込まれて蓄積されるなどして、血糖をコントロールする働きが身体にはあるのです。

しかし食べ過ぎと運動不足は、インスリン以外にもこれらの血糖コントロールのための働きを乱してしまうことになるのです。食べ過ぎと運動不足によって脂肪細胞が増えていけば、ここから血糖コントロールを鈍らせてしまうホルモンが放出されることもあるようです。

食事の見直しと、適度な運動は、糖尿病治療には絶対に必要なことなのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ