血液検査の項目にあるヘモグロビンA1C値って何?

健康診断で数ある血液検査の結果のうち、糖尿病を気にするならチェックしてほしいのがヘモグロビンA1C値です。このヘモグロビンA1C値というのは血液中のヘモグロビン濃度のことですが、ただのヘモグロビンではなく、血糖と結びついたヘモグロビンになります。


血液検査で見るべきヘモグロビンA1C値

通常ヘモグロビンは酸素を運搬する役割を持ち、細胞に運搬して細胞を活性化します。

ところがヘモグロビンには血糖と結びつき、細胞にエネルギーを運ぶと言う役割もあり、この血糖がエネルギーとしてきちんと消費される量であれば良いのですが、エネルギーとして消費されない量の場合、ヘモグロビンA1C値が高くなり、血液中には血糖があふれている状態となってしまうのです。そうすると血液はいらない血糖がたまり、高血糖という診断につながっていきます。

血糖値だけではない、ヘモグロビンA1C値

血液検査でつい目が行ってしまうのが血糖値なのですが、血糖値は食前、食後、運動の有無などで変わります。健康診断の場合は朝食を取りませんから、空腹時の血糖値ということになるので、食後の血糖値からの変動を計り知ることができません。

ところがヘモグロビンA1C値は過去1~2ヶ月に渡っての状態を指しますので、血糖コントロールがしっかりできているかどうかが分かる指針になります。

ヘモグロビンA1C値の正常範囲は5.8%以下とされているのですが、5.9~6.4%になると要経過観察の診断が下り、生活習慣を改善するよう指導されます。

また6.5%以上になると血糖コントロールが上手くいっていないということになり、合併症が起こっている可能性もあります。そのためすぐに病院で糖尿病検査をする必要があり、合併症が起こっている場合は治療していかなければなりません。

ヘモグロビンA1C値が上がると心筋梗塞、脳梗塞と言った動脈関係の病気の発症率が上がりますし、末端の細い血管で起こる詰まりも起こりやすくなっています。血糖値だけではなく、ヘモグロビンA1C値の上昇は日常生活に支障をきたすほどの重大な病気が隠れている可能性が非常に高いのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ