ヘモグロビンと糖尿病の関係

健康診断を受けたとき、血液検査の結果がいろいろと出てきますが、わけのわからない記号もたくさんあります。

健康診断で見たいヘモグロビンの値

どれがどの数値なのか知りたいと言う方は、HbA1cという項目をチェックしてみましょう。この項目は血液中のヘモグロビン濃度を示し、血管を流れる血液の中にどれだけヘモグロビンが含まれているかが示されています。

ヘモグロビンと言うと貧血と関係があるのでは、と考える人も少なくありませんが、実は糖尿病とも密接な関係があります。


ヘモグロビンの役割は何かというと酸素と結合して運搬することです。さらにこのヘモグロビンは、血糖と結合し、運んでいく役割も持っています。この血糖と結合したヘモグロビンのことをHbA1cと呼び、健康診断ではこの数値を割り出すのです。

一般的にヘモグロビンの寿命は4ヶ月と言われており、その間数々の血糖と結びついて全身をめぐっていきます。ところが血糖の量が多いとヘモグロビンもその分多くの血糖と結びついてしまいます。つまりHbA1cが高いとヘモグロビンと結びついた血糖の量が非常に多く、高血糖であるということになるのです。

糖尿病と診断されるヘモグロビンの値

ヘモグロビンの濃度を洗わずHbA1cの正常値は5.8%以下とされています。標準値であればいいのですが、5.9%以上で高血糖、8.0%以上が長期的に続いてしまうと様々な障害が起こるようになります。

そのため検査でHbA1cが8.0%以上の状態が続いてしまうと医療機関は合併症が出てこないように様々な治療をしていきます。この値は1~2ヶ月前のものですから血糖値以上に正しい情報になるのです。

よくあるのは1ヶ月前に比べて血糖値は下がっていてもHbA1cが上がっていると言うことです。これは食前食後で血糖値が変化するように、検査したときにたまたま血糖値が下がっていたというだけで、HbA1cは上がっている、つまり状態は悪化していると言うことなのです。つまり、ヘモグロビンの濃度は糖尿病にとってもっとも密接な関係があるのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ