高くなったヘモグロビンA1Cの数値を下げるためには?

ヘモグロビンA1Cの数値を下げるには毎日運動することが大切です。

ヘモグロビンA1Cの数値を下げる方法

特に有酸素運動は効果的とされており、有酸素運動は体に酸素を取り入れながら糖をエネルギーとして消費していきます。ですから血液中の糖はどんどん消費され、ヘモグロビンは酸素を運搬するようになるのです。

ジョギングやウォーキング水泳が良いと言われていますが、時間がないという方は通勤中の駅までの道を歩く、階段を使うなどして運動時間を取り入れて見ましょう。


また食事を改善し、お肉や野菜など、ヘモグロビンA1Cの数値を下げてくれる食べ物を取り入れるのも効果的です。特に青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれており、ヘモグロビンA1Cの数値を下げるのに有効です。

それでもヘモグロビンA1Cの数値が下がりにくいという場合は漢方やサプリメントを取り入れてみると良いでしょう。漢方では高麗人参田七人参が効果的ですから、自然由来サプリメントを飲み、ヘモグロビンA1Cの数値を下げてみましょう。

他にも鹿角霊芝や菊芋、ステビアにヘモグロビンA1Cの数値を下げる効果があるといわれています。漢方を利用する場合は漢方薬局で相談するか、かかりつけの医師に聞いてみると良いでしょう。

ヘモグロビンA1Cの数値を下げるには半年が目安

ヘモグロビンA1Cの数値を下げたいと言うのはほとんどの人の願いですが、急に下げれば良いというものではありません。

というのも、ヘモグロビンA1Cの数値を急に下げてしまうと血管がダメージを受けてしまい、特に網膜のような細い血管の集まりでは網膜のむくみや炎症が起こり、出血を伴うことがあります。ですからヘモグロビンA1Cの数値を下げる場合は半年で2%を目標にしましょう。

血糖値ですが、空腹時に血糖値およびヘモグロビンA1Cの数値が問題ないようなら、食後の毛と内まで心配することはありません。ですがヘモグロビンA1Cの数値が6.5%以上の場合は、空腹時の血糖値に問題がなくても、食後高血糖になる可能性がありますので気をつけましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ