ヘモグロビンA1Cは酸素を全身に送る役割を果たしている

ヘモグロビンA1Cと言う言葉が健康診断の血液検査結果に見られますが、これは酸素や血糖を運搬し、細胞に送り出す役割を持つ物質です。

酸素を運ぶのに大切なヘモグロビンA1C

元は血液中のヘモグロビンであり、ブドウ糖と結合した一部のものをヘモグロビンA1Cと呼びます。正式名称はグリコヘモグロビンであり、たんぱく質の一種です。長く高血糖状態が続いた場合に血液内にある余分なブドウ糖と結びついてできたものです。


ヘモグロビン自体は元々体に酸素を運搬するのに大切な役割を担っています。赤血球中の大部分を占める物質で、体中に酸素を運び細胞を活性化させます。

4ヶ月と言う寿命を使い、絶えず体中をめぐり、その中でブドウ糖と結びついてできるのがヘモグロビンA1Cなのです。ですからブドウ糖の量が多ければ多いほど、寿命を終えるまでに結びつくブドウ糖も増え、高血糖になるということです。

血液検査で分かるヘモグロビンA1C

ヘモグロビンA1Cの値を見ても素人には何のことか分かりません。実はヘモグロビンA1Cというのは寿命の半分である2ヶ月程度の時期の平均血糖値です。

これはどういうことかというと、血液検査で分かる血糖値というのは直前の血糖値だけであり、ヘモグロビンA1Cは過去1~2ヶ月に渡っての血糖値ということです。正常値が4.3~5.8%とされていますが、6.1%以上になると糖尿病検査を詳しく行い、合併症の有無などを調べていくことになります。

なおヘモグロビンA1Cの値で分かるのは、初期の糖尿病も含まれます。これは過去1~2ヶ月の血糖値を見ることができるためであり、血糖値が血液検査の結果低くても、過去1~2ヶ月の数値が高ければ高血糖の疑いを出すことができるからです。

また糖尿病を発症している方の場合は、過去1~2ヶ月の血糖コントロールが上手にできているかどうかを知ることもできる判断材料になります。ヘモグロビンA1C自体は食事の影響をほとんど受けないため、検査直前の食事に関係なく一定の数値を見出すことができるのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ