ヘモグロビンに効くサプリメント

糖尿病や高血糖に関係の深いヘモグロビンA1cに効果があるのは漢方を使ったサプリメントです。もっともメジャーなのは高麗人参で、サポニンによって血行を良くし、血管の強度を増してくれます。

そうすることで脂質、コレステロールが減少すると期待されています。さらに田七人参はそのサポニンが高麗人参よりも多く、血糖値を正常に保とうとしてくれます。血行を良くし、活性酵素を取り除くことで、免疫力をアップ、血圧を抑えて血流を改善してくれます。


ヘモグロビンA1cを下げるサプリメント

それから鹿角霊芝はβグルガンが豊富で代謝機能のアップに貢献してくれます。免疫や内分泌、神経系や代謝にも効果があるので、糖尿病の合併症を抑えてくれる効果を持っています。

さらに血管系を強くしてくれますので、しなやかで丈夫な血管を生み出します。菊芋は日本でも生産されている食物ですが、糖の吸収を抑えてくれるため、血糖値が急激に上がるのを抑制してくれます。血糖値を下げ、さらにヘモグロビンの濃度が下がりますから、ヘモグロビンだけではなく、糖尿病全体に効果があります。

魚や植物を原料としたサプリメントもヘモグロビンに効果あり

植物系で漢方以外のものでは、糖質によるカロリーを抑制し、インスリンの抵抗性が改善されるステビアがあります。整腸作用や抗酸化作用があるため、細胞の劣化を防ぎ、動脈硬化を予防、改善してくれます。

青魚に含まれるDHA、EPAにもヘモグロビンA1cを下げる効果があります。必須脂肪酸と呼ばれており、体の中では作ることのできないものですから、サプリメントで効率よく摂取し、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、糖尿病予防を活用していくことが求められます。

これは血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる効果によるもので、血液サラサラ効果もあるので糖尿病による脳卒中などの血管系の病気予防にも役立ちます。こうしたサプリメントはドラッグストアで気軽に購入できますので、あなたの体質に合ったものを選んでヘモグロビンA1cを下げましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ